記事一覧

トレードに勝てるようになると経済もわかるようになる?

FXを始める目的として「金融や経済の勉強にもなるから」と考える人もいます。確かに重要な経済指標の発表を気にするようになりますし、アナリストの相場予測や値ごろ感を参考にするとなんとなく、経済の勉強をしている気になるものの、現実的に考えると、トレードで勝つことと金融・経済の勉強をすることは全く別のことです。完全に別物というわけではありませんが、トレードで勝つためには経済情報が必須というわけではありませ...

続きを読む

安易にロットを上げない

FXは勝てるようになると本当に楽しいものです。打てば響くような感覚があり負けトレードが苦にならなくなります。「こうすれば利益を残せる。」という感覚を持ってトレードができるのは安心感を生み出してくれるのですが、それとともに過剰な自信も感じてしまうところが難点です。「よほど下手なトレードをしない限り負ける気がしない。」そんな風に思えるようになると、にわかにロット数を上げたくなります。今までは1万通貨だ...

続きを読む

FXは通貨ペアを絞ってトレードしたほうが勝てる?

FX商材の販売ページを見てみると「ポンド円の癖を味方に付けた!」「ドル円の特徴的な宇g気をとらえる!」みたいな表現をしているものがあります。通貨ペアを見比べてみると確かに、ボラティリティに違いがあるのはよくわかります。ドル円が50pipsくらいしか動いていない時にポンド円だと100pips以上も大きく上下していることはよくあります。通貨ペアを比較すると確かに値動きに違いがあるので、通貨ペアごとにトレード方...

続きを読む

ローソク足が・抵抗線に反発する理由

抵抗線(レジスタンスライン・サポートライン)をめどにトレードするのも相場では非常に有効です。過去チャートを見てみると、以前に値動きが反転した(もしくは押し目や戻しを作った)ところで同じように相場が反応して値動きに変化が生まれていることがよくあります。そのため、抵抗線をうまくひけるようになることもトレードでは超重要で、ラインのスキルがしっかり身につくとトレードにそれだけ自信と余裕が生まれるのですが、...

続きを読む

値動きがトレンドラインに反発する理由

トレンドラインに対して値動きが反応する理由を考えていきます。トレンドラインに対して値動きが反応するのは「相場は過去の延長で成り立つ」という原理原則があるからです。この原理原則を拡大解釈すると「あがり続ける相場はあがり続けるし、下がりる続ける相場は下がり続ける」となります。ここからさらに解釈を広げると「上下の値幅・押し目・戻しを作る水準にも一定の規則性がある」と考えることもでき、相場では実際にトレン...

続きを読む

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア