記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ユーロ円(EURJPY)のトレード 7月30日

ユーロ円(EURJPY)は、何かしらの反発があると思ったんですけどね。汗■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では上昇トレンドを形成していたものの、下落し始めていました。ボリンジャーバンド2シグマに到達したところで勢いが失速したので、ここで何かしらの反発があるとみてロングすることを考えていました。エントリータイミング15分足で136円のサポートラインを抜けきれない動きを見せました。MA反発失...

続きを読む

相場の短期足と長期足の連動とは「ドミノ倒し」

ぷーさんのトレード講座「光」は優位性がある場面を絞り込むとは言いつつ、勝率は結果的に5割強。決して連戦連勝と言うわけではありません。なんだか言っていることとやっていることのつじつまが合わないように感じるかもしれませんが、ドミノ倒しを例に考えてみると優位性についての理解がちょっとは前進するんじゃないかと思います。トレードでは短期足と長期足の連動が重要とか言われることがあります。単純な発想で言えば長期...

続きを読む

ユーロドル(EURUSD)のトレード 7月28日

ユーロドルは押し目を狙ったものの不発でした。汗■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では移動平均線・ボリンジャーバンドともに上昇傾向。ダウ理論的にも上昇トレンドを描いていたので、押し目の安値が確認できたらロングしたいなと思っていました。エントリータイミング15分足では東京時間をかけて着々と値を下げていました。ただ1.1015付近のレジスタンスラインいあともう少しと言うところで失速。移動平均線...

続きを読む

ドル円(USDJPY)のトレード 7月27日

ドル円(USDJPY)は個人的にトレードしやすい押し目を拾えました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では123.55円のサポートを下抜けしてきていよいよショートトレンドの流れがはっきりしてきたなと思える場面でした。なのでショートできる場面があればどんどんショートしていきたいなと。エントリータイミング15分足で戻り高値を形成する場面を待ち構えていましたが、123.55円のサポートラインが...

続きを読む

ぷーさんのトレード講座 光~ひかり~ 検証レビュー

売る気をまるで感じないセールスレターではあるけれど、それでもインフォトップの販売ランキングで上位に来るのはファンが多いからでしょうね。ファンと言っても、ぷーさんの実力・指導力があることを知っているはずなので、盲目的にぷーさんのルックスが好きとか、彼の醸し出すオーラ(?)が好きとかそういうことじゃないわけで。笑では売る気ゼロのセールスレターとともに中身を詳しく見ていきましょう。■多くの人が行動を起こ...

続きを読む

ドル円(USDJPY)のトレード 7月23日

ドル円(USDJPY)は上値に支えられたところでうまくショートで入れました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足と1時間足の移動平均線にそれぞれ上値・下値を支えられるような相場。レンジを突破してくればその勢いに乗っかるか、レンジの反発の流れに乗っかるか。そんな相場でした。エントリータイミング15分足でズバッと1時間足の移動平均線を抜けてきたけれどココはタイミングが合わずに見逃し。結果的にエ...

続きを読む

ユーロドル(EURUSD)のトレード 7月22日

ユーロドルは4時間足レベルできれいな押し目を作りましたね。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では下落トレンドが続いていたものの、移動平均線を上抜けしてボリバンが開き始めていました。移動平均線も上向き始めていたので、移動平均線を下抜けしきれない場合にはロングしようと考えていました。エントリータイミング15分足で着々と下値を伸ばしていった後、7月20日の高値のサポートライン1.0870でぴた...

続きを読む

ユーロ円(EURJPY)のトレード 7月21日

ユーロ円(EURJPY)は下落トレンド中の戻りを狙うつもりが、結果的に良い流れに乗れました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では移動平均線下向きでダウ理論的にも下落トレンド形成中。本来ならばショートを狙うべき場面であり、昨日高値からの下落を狙うべきなんですが、、、エントリータイミング15分足で前日高値の135円に到達。一度は跳ね返されたので、ここでダブルボトムを付けるような形になってM...

続きを読む

ユーロ円(EURJPY)のトレード 7月20日

ユーロ円(EURJPY)は、上値が止められたところでショートに入れました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では移動平均線は着々と下を向いていました。なのでここは下値に伸びるのを狙っていくのがよさそうでしたね。エントリータイミング15分足では上昇傾向にあったものの、135円付近で上値が阻まれ始めました。MA反発を繰り返しながら上値更新しようとするけれど上に抜けきれず下に落ちてくる様子があ...

続きを読む

ポンドスイス(GBPCHF)のトレード 7月17日

ポンドスイス(GBPCHF)はロングエントリー成功です。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では上昇トレンド継続中。勢いを止める要素も見当たらないので引き続きロングをしていくべきですね。エントリータイミング15分足で徐々に値を下げていたものの、東京時間に形成していた安値のサポートライン1.4935付近のサポートラインを抜けきれず、MA反発失敗の形状が見られました。ここでロングエントリー。サ...

続きを読む

ドル円(USDJPY)のトレード 7月16日

ドル円(USDJPY)はまずまずの押し目をとらえられました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では124円付近のレジスタンスラインに阻まれた感じはあるものの、直近の流れに従ってロングを仕掛けるつもりでした。エントリータイミング15分足でボリンジャーバンドマイナス2シグマに阻まれ、なおかつ1時間足の移動平均線にぶつかる局面となりました。この状況で下値を支えられるダブルボトムの形状が見られた...

続きを読む

トレード履歴の付け方

トレンドストライクの教材ではトレード履歴の付け方についてもポイント指導があります。このトレード履歴って言うのが本当に重要で、自分自身を映す鏡になると言って良い。逆に言うと、自分の性格とか癖・価値観みたいなものが透けて見えるくらい、しっかりとした記録をのこしておかなきゃいけません。ということで、トレストではトレード履歴の作り方も解説されているわけですが、僕からも注意してもらいたい点を挙げると、相場心...

続きを読む

ポンド円(GBPJPY)のトレード 7月13日

ポンド円(GBPJPY)は、短期上昇トレンドの上値ブレイクに乗っかりました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足ではテクニカル的には下げてもおかしくはない状況ではあったものの、窓開けで始まって以降、下値がまるで下がりませんでした。エントリータイミング15分足でこう着状態が続いたものの、ヨーロッパ時間直前に上値をぐっと伸ばしてきました。その勢いを保ったままローソク足1本で先週高値を実体で抜け...

続きを読む

トレンドストライクFXの検証レビュー

クロスリテイリングは、ノウハウ屋さんと言うよりは、キャラクター商売に偏ってきたような?そんな感じがしません?個性的なトレーダーを見つけては、販売目的の演出をどっさり追加して売り抜ける。定期的に価格を下げたりして、高額商材を期限付きでさらに売りつける。笑ロジックよりも販売方法の方が、どんどん洗練されている気がします。■ファンダメンタルズ分析にはキリがないということ。まずは販売ページの中身を検証してみ...

続きを読む

ドル円(USDJPY)のトレード 7月9日

ドル円(USDJPY)は、微妙な展開になったので逃げました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足でははっきりとしたショートトレンドとなりました。日足ベースでも一目均衡表の雲をズバッと下に抜けてきたので、ここから上昇トレンドに復帰するのはやや難しいんじゃないか?という気もします。エントリータイミング15分足で徐々に上値をのばしていったものの、フィボナッチ50%のところで上値が止められ始めます...

続きを読む

ドル円(USDJPY)のトレード 7月8日

ドル円(USDJPY)は、ほぼ狙い通りのショートブレイクを取れました。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足ではレンジっぽい状況ではあるけれど、直近では移動平均線に上値を支えられました。結果的に移動平均線が徐々に下向き始めてもいたので、ショート優勢とも考えられる場面でした。エントリータイミング15分足で122円のサポートラインに着々と近づいてきて、ちょっと揉み合うような形になりました。ただ、...

続きを読む

オージー円(AUDJPY)のトレード 7月7日

オージー円(AUDJPY)はダブルトップ気味のところからショートエントリーです。■15分足■4時間足■1時間足環境認識4時間足では勢いよく下値更新中。目立ったサポートラインがあるわけでもなかったので、とにかく戻り高値を確認してショートしたい場面でした。エントリータイミング15分足で値動きがちょっと大人しくなり、上値を試すような流れになりました。けれどもダブルトップを付ける結果となって下がり始める様子...

続きを読む

トレンド相場・レンジ相場のどちらでもない相場

相場には一般的に2つの局面があると言われていますね。いわゆるトレンドが出ている相場トレンドが出ていない相場(ノントレンド、レンジ相場)の2つ。理想論で言えば、トレンドが出ている相場ではトレンドに沿ってトレンドフォローで行けば勝てるし、レンジ相場の場合にはカウンタートレード(逆張り)をしていきゃ勝てるはず。けど、実際にやってみると、そう簡単には勝たせてくれません。相場判断を見誤っているから勝てないの...

続きを読む

王道スキャルの検証レビュー

高勝率のスキャルピングと言いつつ、実際には勝率が5割を切るという、何とも自虐的な説明が続くのが王道スキャル。今までひっきりなしにEA(自動売買)やシステムトレードを発表してきたトレードサイクロンにしては珍しく裁量トレードの手法。トレードスタイルはドラゴンストラテジーにも似ていて、まさに王道と言える内容になっています。■勝つ可能性が極めて高いルールを徹底して守るではさっそく販売ページの内容を細かくチ...

続きを読む

ポンド円(GBPJPY)のトレードプラン 7月2日

ポンド円(GBPJPY)は、レンジを抜けたところを狙いたいというのが本音です。■1時間足■4時間足ギリシャ問題がくすぶっている状況の中、とりあえずテクニカル通りに相場分析することしかできないので、いつも通りトレードプランを考えてみました。ポンド円は、現在はとりあえず三角保ち合いというところ。ただ、これを抜けてトレンドが発生したかどうかは、上下の赤いライン(193.50円、192円)をしっかり抜けてき...

続きを読む

3次元FXの相場の相関性を利用する最大のメリット

似たような動きをする銘柄・通貨ペアを利用してトレードする方法はずっと昔から知られていました。過去にはLTCMという世界最大のファンドがあり、このファンドで主に用いられていた手法も相関トレードです。結局は破たんしてしまったものの、破たんしてしまった理由が「資金量があまりにも大きくなってしまい、売買しようと思ったら相場が動くようになってしまい、思うような結果を得られらなくなったから。」という、常軌を逸...

続きを読む

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。