記事一覧

ドル円の展望 11月4日

日銀の追加緩和を受けて、いよいよ円安の流れがしっかり固まった、といった感じがありますね。

産業的にこの影響がどのような結果になるのかはわかりませんが、トレーダーとしてはここまで急激な反応を見せるのはやりにくいですね~~。汗

週足で見るとまず、2007年から続いていた下落トレンドの戻り高値の一つをまた突破してきました。
結構はっきりとした波を描いていたところなので、この戻り高値の突破は強い意味を持っていると感じています。

20141104usdjpy1w01.png


もう少し短期的に見るならば、現在、2通りのチャネルラインを想定して、
このラインのどちらの方を相場は意識しているのか?というのが気になるところです。

1.
20141104usdjpy1w02.png

2.
20141104usdjpy1w03.png

ラインの引き方として両方ともありうるパターンなので、主にスイングトレーダーとしては両方に対応できるシナリオを用意しておくべきですね。

僕は断然、デイトレ派なのでとりあえず直近の日足・4時間足ベースのトレンドを最重視しています。
ということで15分足レベルでトレードするならば、まずは今のタイミングが、一つのエントリーの目安になるかなと感じます。

20141104usdjpy15m.png

15分足レベルのチャネルラインに下限がきちんと抑えられていますので、このライン(下限)は固いとみて上昇に転じるんじゃないのか?
そう考えたトレードシナリオが有力じゃないかな、という気がしています。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア