記事一覧

懸念材料はありましたが、ほかの通貨ペアでも良い流れだったのでチャレンジする気持ちでトレードしました。

■4時間足
20141110eurjpy4h.png


■1時間足
20141110eurjpy1h.png


15分足
20141110eurjpy15m.png

環境認識では、下値を確認してから再上昇してトレンド継続、もしくはレンジ相場を形成するんじゃないか?という場面でした。ここで下値のめどとなるのは、どちらかというと141.67が最有力、142.16はサブ的な感覚でしたが、後者の方に反発するような形が15分足で現れます。

15分足レベルで見てみると、移動平均線からの反発を受けて再下落しようとするものの下値更新失敗。苑麻の勢いで移動平均線を上にすっと抜けてきました。
ここでもう一つ懸念される材料が青いチャネルラインを突破しきれていない点で、まだ15分足レベルで下落余地は残されているようにも見えたんですが、、、、ほかの通貨ペアの流れも良かったのでユーロ円も行けるだろう!と思いトレードしました。

勝ったからよかったですが、リスクがちょっと高めだったのでどちらかというと避けるべきだったように反省です汗



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア