記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンド円(GBPJPY)のトレード 12月8日

もう少し引きつけてからトレードしていきたいところでしたが、うまく利確できてよかったです。

15分足
201411208gbpjpy15m.png

■4時間足
201411208gbpjpy4h.png

■1時間足
201411208gbpjpy1h.png


環境認識

クロス円はオージー円などを除いてほとんど上昇トレンド形成中。トレンド転換を示唆する要因が何も見当たりませんから、とにかく下値が確認でき次第、ロングを打っていくべき状況です。

エントリータイミング

トレードするタイミングの一つ(トレードプラン)としてチャートに表示しているチャネルラインを目安にしていました。このラインの下限に反応し、反発する動きがみらればエントリーをしに行こうと考えていました。
で、15分足チャートを見てみるとライン下限付近で値動きが止められ、下値更新がストップします。さらに移動平均線に上値を抑えられ、反発するような形で下落を試みるものの失敗しているわけです。このことから、下値は固まったと判断してロングエントリーをしていきました。

利食いに関しては長い陰線のせいで思うように利をのばすことが出来ませんでした。トータルpipsを考えて、あまり利益をのばそうとするよりも、程よいところで決済したほうが良いかもしれません。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。