記事一覧

ユーロポンド(EURGBP)のトレード 1月12日

ユーロポンドで条件が上手く重なってタイミングよくエントリーできました。


15分足
20150112eurgbp15m.png


■4時間足
20150112eurgbp4h.png

■1時間足
20150112eurgbp1h.png


環境認識

やや重たい印象があるものの、4時間足でダウ理論での下落トレンドは成立しているし移動平均線もしっかり下を向いているのでショート優勢という場面です。上値が確認できたところでショートを狙っていきたいと考えていました。


エントリータイミング

15分足では、下落トレンドを定義している戻り高値まで値動きが戻ってきたものの、上抜けするかどうか?の攻防を繰り返した結果、跳ね返されてしまいました。
このタイミングがちょうど、レジスタンスライン・トレンドラインに上値を支えられている場面であり、移動平均線・ボリンジャーバンドの2シグマ反発失敗という風に見ることもできます。

ということで上抜けに失敗したと確信が持てたタイミングでエントリー。
決済は前回安値付近までうまく利をのばすことが出来ました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア