記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンドドル(GBPUSD)のトレード 1月22日

タイトな値動きではありましたが、形的にはかなり良かったと思います。

15分足
20150122gbpusd15m.png

■4時間足
20150122gbpusd4h.png

■1時間足
20150122gbpusd1h.png


環境認識

4時間足レベルではレンジ。レンジ上限・下限からの逆張りエントリーを狙いたい場面でした。


エントリータイミング

4時間足レベルでボリンジャーバンドの2シグマまで値動きが伸びたものの、撃ち落とされました。さらにチャート的には上髭が長く実体の短いローソク足となりましたので15分足レベルでショートを狙うタイミングをうかがっていました。
すると値動きが移動平均線の下にもぐってきた後、今度は移動平均線に上値を阻まれる形になります。この様子を確認してエントリーを仕掛けていきました。

結果はご覧の通りでその後、勢いよく下落する流れをとらえることが出来ました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。