記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードルールがわかっても戦略が伴っていなければ負ける

最新のIT技術でようやく人間に勝てるかどうか?が将棋です。

チェスすでに世界チャンピオンが機械に敗れたものの、将棋に関しては一進一退、囲碁に関しては機械よりも人間の方がまだまだ高いパフォーマンスを発揮しています。

僕も将棋はルールを知っていて、ちょっとは考えて指せる程度でなので、素人同士で楽しんで将棋ができることはできるわけですが、仮にプロ棋士と対決した日には、おそらく瞬殺されることでしょう。こちらの持ち時間が無限大にあり、相手の持ち時間が10分もなかったとしても、圧倒的な大差で負けるような気がします^^;


つまり、将棋で勝てるようになるかどうか?は、ルールを覚えるだけじゃだめだし、ルールを覚えてちょっと戦略を組み立てられるだけでもダメだっていうことです。

ルールを覚えたうえで、高いレベルで戦略を理解して実践



できるようにならなければ、本当の意味で将棋を指すなんてことはできないでしょう。


トレードについてもこのルールと戦略の関係がよく似ていて、トレードのルールみたいなものを覚えるのはそんなに難しいことじゃありません。よっぽど特殊なトレードルールでもなければ、マニュアルを数回見ればだいたい理解はできるんじゃないかと思います。
でも、トレードルールが理解できれば勝てるようになるのか?というと決してそんなことはなくて、他にも戦略を覚えなきゃいけないわけです。

そのトレードルールで勝つにはどんなトレード戦略を立てていく必要があるのか?



そこまで考えないといけないわけです。


FX商材で勝てない人たちというのは、単純に

ルールを覚えて満足してしまい、
戦略を考えるところまでスキルアップできていないから


というのも1つの要因です。戦略を考えるというのはそんなに難しいことではないものの、簡単に身につくものではありません。自分で実際にトレードルールに沿ってトレードしてみて、その結果を見ながら戦略を見直して、トレードのやり方を改善していく。この循環を何度も繰り返していく必要があります。


勝てるトレーダーが10人いると、似たような手法を実践している人、もともとは同じ手法を実践していた人がいたとしても、トレード判断に微妙な違いがあったりするのも、
戦略を立てていく時点で、それぞれが集めてきたトレード事例に違いがあるからです。
それともう一つは、今まで自分がどんな人生経験を歩んできたかどうか?の違いがあるからです。


ルールは同じでも、トレード戦略が変わればトレード内容はがらりと変わるもので、勝てなかった人がいきなり勝てるようになったりする可能性もありますから、もしあなたがノウハウコレクターになっている自覚があるのであれば、ぜひトレード戦略を立てることに力を注いでみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。