記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンドドル(GBPUSD)のトレード 2月18日

ポンドドル(GBPUSD)は、粘って持ち続けたかいがありました。

15分足
20150218gbpusd15m.png

■4時間足
20150218gbpusd4h.png

■1時間足
20150218gbpusd1h.png


環境認識

4時間足ではきれいな上昇トレンド形成中で、ボリンジャーバンドのマイナス2シグマから反発するかどうか?というところでした。もちろん、ここからさらに下げるようならショートもしくはレンジと考えるべきですが、ボリバン2シグマを下に抜けてこない限り、この付近でロング目線でした。

エントリータイミング

15分足で一度、ぐっと下を抜けるようなそぶりを見せるものの、結局、移動平均線の上にまで値動きを戻され、ボリンジャーバンドの2シグマにまで到達してしまいました。ここからさらに下げるようならば、移動平均線をもう一度、下に抜けてきそうなものの、移動平均線に反発をしてきました。

ここでエントリーをしたわけですが、、、、方向感のない動きがうにょうにょと。汗
東京時間をかけてずっと方向感がなかったものの、ヨーロッパ時間になってギュンと値をのばしてくれて、ありがたく利幅を取ることが出来ました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。