記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間足と1トレードの所要時間は意識しよう。

僕は1分足、5分足のスキャルピングはあまり得意ではないのですが、、、

その点、為替兎さんとかはすごいですね。汗
ばしばし取りに行っています。

為替兎さんは現在ランキング1位のブログです。
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村


僕も、彼(?)の方法はちょっと見習って、地味にコツコツ練習しています。笑



さてさて、時間足と1トレードの所要時間について。


僕が使う最短の時間足は、15分足です。
5分や1分の時間足を見ることもありますが、値動きをそこで判断することはありません。


大きな流れとして日足を基に考えていますので、4時間足、1時間足をベースに、15分足でタイミングを測る、という感じです。


15分足が最短の時間足なので、もちろん、ローソク足が一本固まるまでに15分かかります。
5分足で見ている人の3倍、1分足の場合は15倍の時間をかけているわけです。


たとえば、こんなトレードってありだと思いますか?

15分足をベースにチャートを見ている人が、エントリーから決済まで15分かけずにトレードしているっていう状況。

ローソク足一本も固まらないうちにトレードを終了しちゃってるケースです。



「1トレードに15分もかけないなら、5分足とか1分足を見たほうがよいんじゃない???」


自然に考えると、そう思いますよね?
そして、それは正しい指摘だと思います。



15分足でトレードをするならば、やっぱり15分以内でトレードが完結してしまうようなやり方というのは、
時間足とトレード所要時間にアンバランスが生じているわけです。



15分足でトレードするならば、60分、120分など、もう少し長いスパンでチャートを見ていくべきだと思います。




では、今度は逆に、こんな状況も、変だと思いませんか??


1分足でトレードをしている人が、エントリーから決済まで1日、2日かかるような場合。


コレも直感的にちょっとおかしいなと思っちゃいますよね。
1分足にも、やっぱり望ましいトレード時間というのがあるんだと思います。
あまり長く持ちすぎちゃいけないんじゃないかと思うわけです。


1分足で見えるトレンドですから、それが1日や2日も継続するとはとても考えにくいです。
もし続いていたとしたら、1000年に1度の暴落か暴騰のときじゃないでしょうか。




こんな風に、使う時間足によって、トレード所要時間というのは、変わってくるものだと思います。
そうした意識を持っていないと、決済のタイミングを逃してしまうこともありえるわけです。
損切りができなかったり、、ですね。




時間足ごとの適切なトレード所要時間というのが、僕にはわかりませんが、短い時間足の場合には、長く持ちすぎないように、そして、長い時間足の場合には、すぐにトレードが完結してしまわないように意識することは大切じゃないかと思っています。



ブログランキングに参加をしています。
記事が参考になりましたら、ぜひ応援のぽち!をお願いします(*゚ー゚*)

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。