記事一覧

千里眼fx2期の口コミ評判

千里眼FXっていうかなり高額ですが、
賛否両論ある(いや賛成多数か?)
の商材について、感じることをつらつらと
書いていきます。


「予想をしようとしたから」勝てない

販売ページを見ていって、
気になったところを上げていくと、


あなたがFXで勝てなかった理由はただひとつ。
あなたが「予想をしようとしたから」です。




これはその通りですね~~。

僕も思い当たる節が
非常にあります。

相場の行く末なんて、
予想しちゃいけないですね。

FXで勝つには、
予想するんじゃなくて、
相場心理を読み解くことだけです。


それ以上でも
それ以下でも
ありませんから。


「過去がこうだったから、未来はこうなるに違いない。」




テクニカル分析がそもそも、

未来は過去と現在の延長にある

という仮定のもとに
成り立っていますからね。

つまりこれまでの流れを踏まえて、
未来の動きが形成されるはずです。

過去チャートからある程度、
未来の値動きを絞り込むことは、
可能です。


百歩譲って、過去データから将来を予想したとしても、
それは答えの一部にしかならず、


はい、おっしゃる通り。

だからこそ僕たちトレーダーは、
トレードプランをいくつか用意
しておくわけです。

そのうちのどれかにマッチした
値動きになったときだけ、
トレードすりゃよいわけです。


人間がやるべき部分は人間が。
機械がやるべき部分は機械が。




昔はあらゆるテクニカル分析も、
手書きでやっていたそうですからね~~。

メタトレーダーみたいなツールが出てきて、
本当に良かったです。

それにFT2という検証ツールも。


今のあなたの生活にスッと溶け込むものでなくてはならない




専業だったら文句の言いようはありませんが、
兼業トレーダーならば既存の仕事と、
折り合いを付けなきゃいけないですからね。

トレードする時間がほとんどないのに、
スキャルピングなんてできっこないです。


勝つためのシナリオの中に強いロジックがある。だから勝ち続けることができる



FX商材のロジックとは結局、
エントリータイミングを確認するため
だけです。

環境認識も含めたシナリオがあってこその
トレードロジックです。

それを無視してロジックだけでトレードすると、
そりゃ負けますww



教える側の逃げ口上

販売ページを見ていて、
これはちょっとどうだろう?
っていう部分を
ピックアップしていくと、

「予想」なんて言葉が相場の世界に現れたのは1980年代以降の話。



いやいや、一目均衡表
って知ってます??

あれって戦前に生まれた
分析ツールですよ?

一目均衡表はサイクル分析っちゅう、

予想に近いことをするツール

っすよ?


トレンドラインを引く行為を相手に求めるのは、
教える側の逃げ口上のようなもの




言いたいことはわからないではない。

けれど、トレンドラインじゃなくとも、
裁量トレードのスキルってやっぱ必要です。

システムトレードにいつまでも、
頼りっぱなしになるのは、
リスクが大きいから。

裁量トレードのスキルを高める必要性を、
逃げ口上と言ってしまうのは、
トレーダーとしてどうかな?
って思いますよ。ほんとに。


現在の日本の状況というのは、
年収「450万円」の人が「1億円」の借金を抱えているようなもの



日本の借金を国民に転嫁する話は、
そろそろやめませんか??

統計で出してくる国の借金って、
要は政府の借金であって、
僕らの借金じゃありません。

国民の借金っていうなら、
法人だって含めるべきです。

それに、日本が対外債権
どんだけ持っているか?も、
きちんと示すべきじゃありません??

さわかみファンドにいた人が、
そんな偏った論評しちゃって良いわけ?


「今」の相場ってなんだよ?


千里眼FXでは「今」の相場
大切にしているらしいです。

「今」の相場がどうであるかを見極め、
「今」の相場に寄り添ってトレードする。



「今」の相場が「上昇」をしていたら「買い」を
「今」の相場が「下降」をしていたら「売り」を入れる。




相場の今を重視するのは、
別に間違っちゃいないと思います。

けれど、正しいとも思えない。

だって上がっているか
下がっているかを判断するにしても、
少なくとも2点が必要じゃないですか?

点1つだけ見せられても、
上がっている下がっているか、
わかるわけないですよね?

それに屁理屈かもしれないけれど、
「今」っていつの事?

時間は1秒、0.1秒、0.01秒、、、
みたいにどんどん流れてすぐに過去になります。

今っていつ?


「教育」という言葉をもう少し正確に言うと「洗脳」です。



我々は、仕掛ける側である「業界」から搾取されるために、
彼らが都合の良いように丁寧に「洗脳」を施されている




これはもう、
どのツラ下げていってますか?
と、問い詰めたい。

千里眼FXだって、
仕掛ける側です

千里眼FXの販売ページも、
非常によくできていて、
教育じゃなくて洗脳に近い
ですよね^^;


どのサインでもエントリールールが存在


販売ページのツッコミは以上で、
ここからは純粋に、
千里眼FXの仕様について
確認してみましょう。


千里眼FXではサインが全部で6つあり、
どのパターンでもトレード可能

相場状況を6つに分けて、
それぞれの相場に合わせて
エントリー方法を切り替えます。

チャート上に
視覚的にサインを表示してくれるので、
人によって解釈の違いが生まれることなし。

それでいて勝率8割ですから、
これは確かに期待は持てます。


メタトレーダーを立ち上げたら、
後は千里眼FXのツールが表示する数値
を確認すれば良いので、
チャートすら見る必要もなし。

ここまでツール化できているんであれば、
ぜひ自動売買化してもらいたいもんですね☆

セミナーも定期的に開催してくれて、
質問にも丁寧に答えてくれるそうですが、
気になるところもチラホラ。


1.1週間の相場状況と今後の動きについてトレード考察メール

を配信してくれるらしいけれど、
ツールがすべてやってくれるわけだから、
必要ないんじゃない?と。


2.千里眼ロジックで利益を伸ばすための状況別事例

これをやっちゃうと、
「誰がっても同じタイミングで」って言う
良さがなくなっちゃう気がするんですよね。



千里眼FXとは6つの異なるシステムがあるようなもの


システムトレードにはたいてい、
苦手な相場が付き物です。

苦手な相場を見極め、
それをいかに避けるか?
というのが従来のシストレの
肝になっていました。

しかし千里眼FXの場合、
苦手な相場がないだけじゃなくて、
ほぼあらゆる相場において、
チャンスを見出してくれます。

これはもう、
6つのシステムが同梱されていて、
それぞれが相互補完している、
そんな風に言うこともできます。


それでいて勝率8割と非常に高く、
エントリーする時点で
利確目標と損切りが決まるので、
トレードも非常にしやすいです。


裁量トレードを頑張ってきたけれど、
このまま努力を続けても、
勝てる気がしない。

そんなときには思い切って、
千里眼FXから始めて、
勝てる感覚をまず先に身に着けるのも、
良いんじゃないかと思います。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア