記事一覧

ポンド円(GBPJPY)のトレード 3月11日

ポンド円(GBPJPY)でレンジ上限からの反発をうまくとらえられました。

15分足
20150311gbpjpy15m.png

■4時間足
20150311gbpjpy4h.png

■1時間足
20150311gbpjpy1h.png

環境認識

4時間足では移動平均線・ボリンジャーバンドともに平行に推移しているレンジ相場。4時間足だけで考えるとボリバン2シグマまで待ちたいところでしたが、1時間足でもレンジっぽい動きになっていたので、1時間足のボリバン2シグマ反発を狙うのも悪くないと思っていました。

エントリータイミング

1時間足のボリバンにはわずかに届かなかったものの、15分足を見てみるとレンジの上限に到達し、上ひげを3本つける相場となりました。実体の十分に短かったので、これが転換サインになってもおかしくないだろうと思われたのでショートエントリー。

下落前にちょっと戸惑いがあったものの、上手くレンジ下限もズバッと下に抜けてきてくれて大きく利食いすることができました。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア