記事一覧

マジックボックスFXの検証レビューと評価

shaff trend cycleを日本に初めて紹介って言われても、
すいません、初めて聞きました^^;

いろんなFX会社で採用されているらしいですが、
だからと言ってマジックボックスFXが素晴らしいとか、
そんな結論になるわけでもなく。


■インディケーターよりも優先すべきものがダウ理論

マジックボックスFXの販売ページを見ていて、
共感できるところポツポツ上げていくと、

努力せずに初心者でも相場の転換点が見えてしまう
見えなかった相場の転換点がパッと浮き上がって見える



シストレじゃなくて裁量トレードでこれができたら、
本当に素晴らしいシステムですね!

相場の転換点が見えるようになれば、
1トレードでガッツリ利益が取れますから。

でも、あとから言っていることと、
ちょっと矛盾しているような、
そんな気もするんですが^^;



明確な根拠のあるトレードをしない限り、本当に成功をつかむのは不可能



逆に言うと、ロジックを実践しているようでまったく実践していなかったり、
その場の感覚に頼ってトレードしているうちは、FXで勝てるようになるわけありません。

自分の信じたトレードルールでトレードをやり抜けるかどうか?
そのためのメンタル面や技術面を整えることが重要になるわけです。


真理に近い根拠のある絶好の売買タイミングを知らせてくれる高度な売買シグナル



相場の心理とはダウ理論で、マジックボックスFXでは、
ダウ理論に基づいた売買シグナルを示してくれるということ。

僕の知っている範囲でこれまで、
ダウ理論をツールを使ってシステム化(インディケーター化)
しているものはありませんでした。

マジックボックスFXが、
ダウ理論をシステム化することに成功
したというのであれば、、、、
驚愕です。汗


ダウ理論を浅く知っていても、本当に使いこなしている人はほんの一握りの優秀なトレーダーだけ。



ダウ理論って、試しにグーグルで検索してみても、
たくさんのサイトが見つかるんですよね。

で、どんな理論なのかはすぐにわかるんだけれども、
確かにダウ理論をトレードに活かせている人って、
ほとんどいない気がします。

別に優秀なトレーダーじゃなくたって、
ダウ理論をなんとなく理解しているおかげで、
勝てるようになったトレーダーはたくさんいると思います。



普遍的にトレンドの方向をとらえる方法ということでダウ理論は外せない
インディケーターよりも優先すべきものがダウ理論



たくさんあるインディケーターは極端に言えば、
ダウ理論の定義を相場に当てはめるための便利ツールみたいなものです。

トレンドの定義がダウ理論で定義されているわけですから、
ダウ理論を抜きにしてトレンドを語ることはできません。

ただ、↓のような言い方はどうだろう?ってちょっと思う。

マーケットはダウ理論を抜きに上昇したり下落することはない



ダウ理論が最重要分析方法なのは間違いないけれど、ダウ理論は完璧じゃありません。
時にはダウ理論に逆らった動きを見せることもよくあります。



きれいな形で矢印を引けないマーケットは利益を得るためには効率が悪い



勝てるトレーダーが
「見やすいチャート」
「わかりやすいチャート」
「トレードしやすいチャート」


みたいに言っているのは結局、ダウ理論の定義が上手く当てはまるような相場です。

最終的にはパターンマッチングするように、パッと見でダウ理論がどんな風に形成されているかを判断できれば、よりスムーズにトレード戦略を組み立てやすくなります。


相場は感情の集合体でありまさしく生き物である



相場とは様々なプレーヤーの売買によって成り立っているものです。相場自身に意志があるわけではないけれど、結果として相場があたかも意志を持って動いているように見えます。
たとえて言うならば、一人一人の相場参加者が細胞となり相場という「人間」を動かしているような、そんな状態なのかもしれませんね。


機械的とは対極にある相場を自動売買として、完全に機械的にシステム化することに矛盾が生じる



自動売買が長く使い続けることができないのは、生き物の行動パターンを機械で判断しようとするからです。生き物が生きる様子なんて、時々刻々と変わっていくわけですから、既存のロジックでずっと行動パターンを予想し続けても、的外れな結果につながるだけです。

でも、販売ページの冒頭で

「努力せずに初心者でも相場の転換点が見えてしまう」



って言っているわけですよね?そのためにツールがあるわけじゃないですか?

でもツールには限界がある(自動売買は稼ぎ続けることはできない)って言うのがさっきの話ですよね。
矛盾を感じますね。汗



■ダウ理論の売買シグナルとしての価値

販売ページを見ていて納得しかねるところを上げていきます。

巷で言う根拠のあるトレードとは
単なるトレーダーの思い込みや固定概念を根拠と勘違いしてトレードしているケースがほとんど



確かに思い込みや固定概念かもしれない。
そして本当に、そのせいで成績を落としてしまって退場してしまう人もいるんじゃないかと思います。

けれど、それが全員というわけじゃありません。

「根拠のあるトレード」って言ってるやつはみんな勘違いしてるぞ!って、言っているように聞こえるんですが、別にそんなことはないですからね。

極論すれば、勝とうが負けようが、自分が納得できていればそれは「根拠のあるトレード」です。


トレンドの方向を知ることはできても、実際の売買タイミングを計る売買シグナルとしては有効利用できない



そんなことはないんじゃない?って言う気がします。
例えば4時間足でダウントレンド、15分足で戻し高値を作るアップトレンド形成中だった場合。
ダウ理論的に15分足のアップトレンドの定義が覆され、ダウントレンド形成が確認されたタイミングでエントリーするって言うのも考えられます。



ダウ理論というのは、的確なトレンドラインのブレイクを伴うことで、初めて売買シグナルとしての価値が生まれる



トレンドラインも重要な抵抗線ではあるけれど、ダウ理論を第一に考えると、トレンドラインよりも戻し高値や押し目の安値の方がもっと重要です。

つまりサポートラインやレジスタンスラインです。

トレンド転換を示す重要なサポート・レジスタンスラインがあるので、そのラインを突破したかどうかが、純粋にダウ理論におけるトレンド転換からの売買シグナルになるじゃ??


チャートを見て瞬時にダウ理論の判断ができないトレーダーは、マーケットで生き残るのが難しい



判断できないことって、よくある気がするんですよね~~。
そもそも、トレンドが出ていなくてレンジ相場になっていることだってよくあるわけだし。

時間足を変えてみて初めて、今の相場の大まかな流れがわかることもあるわけだから「瞬時に判断できないとだめ」って言うのは、言い過ぎです。


チャート80:20の法則



チャートを見る限り単純に、相場を5等分しただけ、って話じゃありません?

1つの波形を5等分した時にトレンドの出始めと終わりころの値幅がほぼ同じになる。
確かにそんな相場はあるかもしれませんが、別に法則と言われるほど普遍的な感じはしません。


■マジックボックスFXの仕様

マジックボックスFXは下記の3つのチェックポイントから、
売買判断をしていく裁量トレードとなります。

1.ダウ理論
2.3TLB(トリプル・トレンドライン・ブレイク)
3.くまひげ流パワーキャンドル・カウント



一般的なインディケーターを使うことなく、
独自ツールを使って3つのポイントを見て、
トレードしていきます。


通貨ペアの指定もなければ、時間足の指定もありません。
つまり

通貨ペアの数X時間足の数

分だけ、トレード対象となる相場があるわけです。

これだけたくさんの相場が対象になるのであれば、
トレード頻度が全然ない、という事態はあまり起こらないんじゃないか?
そんな気がします。


プライスアクションだけに特化していることから、
移動平均線の期間パラメーターとかに依存することはないものの、
ツール化しているということは結局、何かしらの数値を使っているはずです。

その数値によってパフォーマンスが左右され、
時期によっては著しく成績を落とす可能性もあります。

ちなみに、パワーキャンドルカウントのインディケーターが特典になっているんですが、パワーキャンドルカウントってマジックボックスFXでは必須のチェックポイントじゃありませんでしたっけ?

それなのに特典扱いって、ちょっとひどい気がするんですが。汗

■マジックボックスFXの評価

トレンド転換からの大きな流れを取ろうと思ったら、
通常はトレード頻度自体はそんなに多くはありません。

しかしマジックボックスFXのように時間足・通貨ペアに制限がないと
ほぼあらゆる相場がトレード対象になるので、トレードチャンスに恵まれなくて困ることはなくなりそうです。

チェックしなければいけないポイントが3つに絞り込まれており、
慣れればほとんど瞬間的にトレードできるのか?トレードチャンスは近づいているのか?
って言うのを確認できるようになるそうです。

裁量トレードなので全員が同じ結果になることはまずないとは思いますが、
シグナルが明確というのは、売買判断時に迷いを生むことがなく、扱いやすいですね。

逆に言うとシグナルがはっきりすればするほど、ロジックの柔軟性みたいなものが失われます。

トレード頻度が激減したり、負けトレードが増えてしまう時期が生まれやすいのですが、ダウ理論に基づいてプライスアクションのみで相場を分析していることを考えると、相場状況で大きく成績がぶれることは少ないでしょう。

1回あたりのトレード利益が小さいよりは、大きめの利幅をごそっと抜いてトレードしたい!そんな場合にはマジックボックスFXは頼りになるツールになりますね。


■トレンド転換をとらえるのは難しい

トレンド転換で初動(第一波)をとらえることができれば、大きな利益を得られるチャンスがあります。例えば2007年にドル円120円台を付けたところでショートをしていたら、2012年の70円台突入までの値幅が40円以上4000pipsというとんでもない利幅になります。

トレンド転換を的中させ、じっくり保有することでとてつもない利益を抜けるわけですが、勝率が決して高くはないのが弱みです。トレンド転換の初動を狙う場合、勝率は5割を切るのは当たり前3割台をキープできればかなりすごい方じゃないでしょうか。

勝率が悪い場合には、損切りを素早く決断して損失を限定させなければいけないし、勝てるときにはドンドン利益を伸ばさなきゃいけません。負けがちになるとどうしても、ちょっと利益が出たところで利確したくなる誘惑にかられます。

人間は同じ利益よりも損失の方に敏感に反応する生き物なので、損した分をとにかく早く回収したいと感じるものですし、今、せっかく利益が出ているのに、ここで反転し始めてまた負けてしまったらもったいない!みたいに考えがちです。

トレンド転換の初動をつかまえるのは技術的にも精神的にも難しいところがあるので、普通ならトレード初心者にはあまりお勧めはできません。
ただマジックボックスfxのようなツールがあり、トレンド転換の精度を手っ取り早く高めることができるのは、試してみる価値は十分にあります







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア