記事一覧

ドラゴンストラテジーFXの口コミ評判@検証評価

良いタイミングでサインが出ているように見える?
何年も前に流行ったQQEにも似ている気がするけれど、
ドラゴンストラテジーFXはどんなものなのか?
詳しく検証してみます。


■リスクがある時は、エントリーしない。

まずは販売ページを読み解いていきます。
トレードをするうえで参考になる部分をピックアップしていくと、


何も行動を起こさず、ただ願っているだけでは、人生は変わりません。



行動すれば必ず、人生が変わるわけではないけれど、努力すらしなかったら1ミリだって人生を動かすことはできません。
宝くじも「買わなきゃ当たらない」とは言いますが、それはまた、別の話ということで^^;

後は、「願う」気持ちを持つこともかなり大事

本当に絶望的な状況に追い込まれたら、願う気力すらなくなりますから。

野性のゾウも鎖でつないでおくと、そのうち逃げられないという認識に染まってしまい、鎖を外しても逃げなくなってしまうんだとか。汗

願うからこそ考えるようになり、考えるからこそ行動が変わる。
そして行動の先に、自分の将来があるわけですから、積極的に行動もして願うって言うのが大事です。


リスクがある時は、エントリーしない。
これは安全なトレードをする上での鉄則



ここでいうリスクが何を言っているのか?はわからないですが、トレードではリスクを極力避けるべきなのは間違いありません。
僕の言うリスクとは「不確定要素」です。リスク対リワードが悪いとか、負ける可能性が高いとか、そういった意味じゃありませんん。

リスク対リワードが悪かったり負ける可能性が高い相場を避けるのは当然です。
本当のリスクとは、自分がコントロールできない状況で、なおかつ次のアクションがまるで予想できない時です。

そういう場面を避けることが、トレーダーとして身に着けるべき分析力(環境認識力)になります。


トレンドの方向性の明確化とその方向性に沿ったエントリーサインに従う



トレードはトレンドありきで戦略を組み立てるものですからね。トレンドに沿ってトレードするようにすれば、下手な負け方をしなくなります。勝率もどちらかというと高く維持しやすくなります。

逆に言うと、トレンドに逆らうのはけっこう難易度が高くなるので、トレードによっぽど自信を持てるまでは、やらないほうが賢明です。


■ヘッジファンドなどが個人トレーダーをカモにする

次に販売ページを見ていて、これはちょっとまずいんじゃないの?
って言うところを上げていくと、


世界中を自由に旅をしながら



いやこの業界、多いですよね。稼いだら世界旅行へ旅立つ人ww

みんなどんだけ、家にいるのが嫌いなの?笑

家に帰ったらヘトヘトで、
コンビニ弁当とビールを流し込んで、
そのまま倒れるように寝る毎日。



気持ちはわかるけど、トレードで勝ちたいのであれば、
寝てる暇はないだろう?と。

あまり複雑なことは学ばずに、半自動的に利益を得たいと考えている人
トレーニングなしに、すぐに結果を出したい人



もうね、どんだけ旅が好きで、どんだけしんどい生活を送ってきた奴ばっかなんだ?と。笑
FXで勝てるようになったら、別に必ず旅にでなきゃいけないわけじゃないしww


すごいプログラマー



天才にもいろんなタイプがいますよね?

要望を瞬時に理解してプログラム化とか、
普通の人が何日もかかる作業を1日で終わらせるとか、
処理が重くなりがちなプログラムを低リソースで仕上げるとか。

何がどうすごいのか、よくわからないんですが。汗


現在は5年待ち



もうそんなに待ち行列ができるんなら、
仕事断れよ!と。笑

依頼する方だって5年も待ってから、ビジネスチャンス逃すんじゃない?
他の人に依頼しても良いんじゃない?って思うww


初心者の方がやっても、FX経験者がやっても、ほとんど同じ結果
裁量はほとんど必要ありませんので、誰がやってもほぼ同じ結果



販売ページの最初の方で、誰がやっても同じ結果って言ってませんでした?
「ほぼ」同じ結果って、ここにきて濁されるとは。汗汗


指標発表のタイミングでは、ヘッジファンドなどが個人トレーダーをカモにする



いやいやいや、そんなことないですよ。

ヘッジファンドとか、ありえないロット数でトレードしてますし、
見ているチャートも微妙に違います。彼らはインターバンクに近いですから。

個人トレーダーをカモにするほど、彼らは暇じゃないですよww


もう満員電車に揺られて通勤する必要もなければ、
嫌な上司にペコペコしながら、毎月の給料のために我慢を続ける必要もない。



トレードで勝てるようになったからって、
いきなり今の生活を維持できるだけの利益をFXで稼ぐのは難しいっすよ?

けっこう、コツコツとロット数上げないと、足元すくわれますから。


僕は、そんな生活が手に入るなら100万円出しても惜しくないと思っていました。



自分の望んだ生活がたった100万円で手に入ったら、安過ぎね??
それなら、みんな借金してでも金払って、そんな生活になっているんじゃない?


ドラゴンストラテジーFXのトレード内容

5分足チャートを使い、
5つの通貨ペアが推奨されています。

ユーロドル、ポンドドル、ドル円、ユーロ円、ポンド円

勝率が8割以上とかなり高い方で、
このくらい勝てると「連戦連勝!」
している実感を持ちやすいです。

2014年は年間で10860pips獲得。
月間平均すると500pipsちょっとになります。

※直近の成績

2014年9月 897 pips
2014年10月 2,101 pips
2014年11月 1,010 pips
2014年12月 1,440 pips
2015年1月 2,508 pips




勝率8割でこれだけのパフォーマンスを出せると、
濡れ手で粟をつかむ気分に浸れそうなんですが、
気になるのは、5分足でのトレードだということ。

5分足でトレードするとなると、1回の平均利幅ってあんまり大きくはならないです。

レンジ相場でもトレードするとなると、1トレードで5pipsも取れないことは、けっこうあり得る話です。

基本的にトレンド方向の押し目買い・戻り売りを狙ったトレードスタイルのようですが、平均足を使っていることから、エントリータイミングは若干遅めになりがちです。

相場が読みにくい場合には多少は遅くたって構わないものの、レンジ相場も狙うとなると、平均足だとかなりシグナルが出るのが遅くなるはずです。リスク対リワードが逆転してしまうケースもけっこう多い気がしますね。


ちなみに、ドラゴンストラテジーの決済ルール

・利食い
ドラゴンバンド(ボリンジャーバンドみたいなやつ)の内側に値動きが戻ってきたら。
つまりバンドウォークっぽい状態が終了して値動きが移動平均線へと戻り始めた段階で決済。

・損切り
エントリーした位置の直近高値もしくは直近安値のちょっと先。
もしくはエントリーとは反対方向のドラゴンアローが点灯した場合に成行で損切り。

このやり方は、トレンドフォローのトレードではごく一般的です。
可もなく不可もなく、無難なやり方と言えます。


ドラゴンストラテジーFXの総評 成績は爆益次第

ドラゴンストラテジーFXのコンセプトは、別に斬新なところはありません。
極めてオーソドックスなエントリー方法だし、決済判断もごく一般的です。

なのでドラゴンストラテジーFXのサインに従っている限り、下手な負け方をして、資金をめちゃくちゃ減らしまくることはないでしょう。

ただ気を付けたいのはレンジですね。特に値幅の狭いレンジ時のエントリー判断です。
レンジ幅が狭ければ狭いほど利食いするのが難しくなります。かといって、レンジでも積極的にエントリーしていかないと、爆益を逃すことになります。

ドラゴンストラテジーFXのパフォーマンスはおそらく、爆益の発生回数にかなり左右されると思われるので、レンジ相場ではとりあえず損が出ないように(もしくは損が大きくなりすぎないように)慎重にトレードするようにして、爆益トレードが出るのをひたすら待つ

トレンドがはっきり出ているときにも、コツコツとエントリーしてコツコツと利益を確保しておく。
コツコツ勝ってたまにドカンとかつ。それがドラゴンストラテジーFXです。


→ドラゴンストラテジーFXを使ったレンジ相場でのトレード方法

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア