記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードの考え方を逆にすれば勝てる?

あまりにも勝てない場合や、エントリーするととにかく思惑とは逆方向に相場が進むような場合、

自分の思惑とは逆方向にトレードするようにすれば勝てるようになるんじゃないの?


みたいな発想になるのは、けっこう自然な感じがします。


勝てるトレーダーと負けるトレーダーは考え方が180度違うなんていう意見もありますから、やってみる価値はありそうですが、実際にはトレード判断を逆にしてみたところで、やっぱり勝てるようにはなりません。

その理由はただ一つ。
負けトレードをきちんとコントロールできていないから。


コントロールできていないというのは、一つのルールにしたがってトレードしたわけじゃなくて、その場その場の状況に流されたトレードをしていることを意味していて、一貫性がないところが最大のネックです。

逆にもし、何らかのトレードルールを極めて、純粋にルールを守ってトレードしているにも関わらず勝てないという場合であれば、トレード判断を逆にすれば勝てる可能性は少しはあります。しかし、トレードで勝つって言うのはそんなに甘いものじゃなくて、仮にエントリー判断を逆にしたほうが結果として利益を伸ばしやすかったとしても、利食いがうまくできなければやっぱり勝つことができないわけです。


トレードというのは当たり前ですが、
エントリーと決済でワンセットです。

エントリーの精度を徹底的に高めることができたとしても、利食いがへたっぴだった場合、まるで利益が伸びないですし、場合によっては損益がマイナスになってしまう可能性だってあります。

トレードで重要なのは、勝ちやすいポイントでエントリーするべく、そういったポイントを見極められる相場分析力(環境認識力)を身に着けることで、こういったスキルを養ったうえで、トレードプランを組み立てていく経験値を積んでいく必要があります。

勝てるトレーダーというのは、よほど天才的な才能を持っていた場合を除き、ほとんどの場合、とことんまで負けトレードを経験し、そこからいろんな教訓を学んだ結果、相場分析力を高め、トレードプランを組み立てられるようになっているわけです。

心が折れてもまだトレードを続けてさらに負けるww



なんて言う拷問のようなプロセスは誰だって経験したいものではりませんが、そこを避けて通ることなんてできないのも事実です。むしろ負けていた時の自分の考え方・感情ほど自分を裏切ることのないゆるぎない経験値となりますので、こういった負けトレードの経験こそ生かしていくべきです。


トレード判断を逆にしてみようとか、そういった浅はかな工夫を試してみるよりも、自分のトレードをできるだけ細かく記録していって、負けパターンに共通するポイントがないか?というのをまずは徹底して探してみるほうが勝てる可能性ずっとずっと高めてくれますよ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。