記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短期・中期・長期は人によって違う。

例えば、有名なトレーダーのブログを見ていて、

「短期で見れば買いでしょう。ただ長期で見た場合には、戻り売りを狙うチャンスです」

なんていうコメントがあったとします。


その説明の方法がわかりやすく、論理だっていれば、「おぉ~~!じゃあ、短期で買ってみるか!」なんて思ったりします。笑


でも、ちょっと待てよ。ここでいう短期って、どのくらいの期間だ???


そう思った方、鋭いですね~~~。短期といわれても、じゃぁ、それがどのくらいの期間なのかというのは、とても重要な情報です。


長期・中期・短期という言葉が良く使われていますが、言葉の定義は本当にあいまいです。使う人が、普段、どの時間足でトレードしているかによって、大きく左右されます。

スイングトレードをしている方の長期とは、数年単位に及ぶことがあります。
逆に、スキャルピングをメインにしている方にとっては、長期は2,3日程度をさしていたりします。


ネット上にあふれるFX情報は、玉石混交、いろんな情報が入り混じっています。
中には「使えない!」「真実じゃない!」と思う情報があるのも事実ですが、相手の感覚にあわせてみると、実は、そこには真実が含まれていることがあります。





コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。