記事一覧

LogicalFXの検証レビュー@ロジック評価

インディケーターを一切使わず、
水平線だけでトレードww

何ともかぐわしい表現が飛び交っているLogicalFXですが、
個人的には、

無理に水平線だけでトレードしなくても良いんじゃないか?


とも思います。

確かに水平線を引くだけでトレードできるようになると、
どんな環境でもしぶとく勝ち続けられるとは思いますが。

ロジカルFXの販売者さんよりレビュー依頼をいただきましたので、
こちらに追加で詳細レビューをしています。




とりあえず、LogicalFXの販売ページの内容を、
まずは詳しく読み解いていきたいなと思います。



■「相場は波で作られている」という事実

論理的に波の止まりを的確に予測



波の止まりとはつまり、値動きが反転するところを意味していると思います。
そんなところを「論理的に」予測してくれるとは、すごいですね!

これができたら本当に、どんな相場でも負けることはないです!


水平線のみでシンプルに
チャート上に「本当に重要な水平線のみ」を描ける



相場でおそらく、もっともシンプルなトレード手法はライントレードです。
そしてトレンドラインすら使わず水平線だけで良いとなると、確かにシンプルを突き詰めた手法になります。

水平線だけでトレードするだけでもすごいと思いますが、それからさらに重要な水平線だけを見つけられるようになったら、相場分析がよりシンプルになるし、判断に迷いもなくなるはずです。


チャート上のインジケーターはすべて不要



LogicalFXの際だった特徴の一つがこの点でしょう。
インディケーターはいずれにしても、過去の値動きや平均値に依存するという縛りがあります。その縛りから解放されるというのは、まさしく羽を手に入れるようなものです。


「相場は波で作られている」という事実



エリオット波動と言った相場理論にもある通り、相場はローソク足が連続して描いている波形によって分析するのがセオリーです。波形の描くチャートパターンから、相場心理を読み解けるようになることが、本当の意味で勝てるトレーダーとなるための必須条件になります。


「抜けやすいレジサポ/止まりやすいレジサポ」



レジサポとは、水平線の役割が逆転することを意味しています。レジスタンスライン(上値抵抗線)を値動きが上に抜けてきた場合、そのラインは今度はサポートライン(下値抵抗線)として下値を抑える役割に切り替わります。

この役割変換を見極める方法を教えてくれるわけです。

この方法を知るだけでも、LogicalFXを購入する意義は十分にあります。


「どこで利食いし、どこで損切りするか」といった「トレード設計図をエントリー前に常に持って」いる



トレード設計図とは要するにトレードプランですよね。相場で勝つためには、エントリーのタイミングを最適化するだけじゃダメです。きちんと出口(決済)のことまで考えてこそ、勝てるトレーダーになることができます。


「ダブルトップ/ダブルボトム」等のチャートパターンは、ある一定の環境下でなければ有効でない



そうなんですよね~~~。値動きが反転するのを示唆するチャートパターンがありますが、反転する可能性が高い環境で起きたかどうか?を見極めていなければ、負け続けるだけです。やみくもにチャートーパターンに飛びついても、負けることの方がむしろ多くなるだけなので、勝てる環境を見つけることこそ、重要です。


「インジケーター無しで相場を分析する事」が出来る



インジケーターって結局、トレードのタイミングを判断するために使うことの方が多いんですよね。確かに相場分析のためにボリンジャーバンドや移動平均線を使うこともよくありますが、LogicalFXのようにインジケーターを使わないほうが、よりシンプルに相場を見ることができるので、迷うことがなくなり判断しやすくなります。


セールスレターの情報に踊らされ、「今度こそ大丈夫!」と期待しながら入手した手法を取り入れます。


僕の事です!笑


大きく含み損が出始めた瞬間、未だかつて味わったことのない恐怖と不安でその現実を直視できず、



僕の事です!


夢から完全に目覚めない限り、一生新しい情報に大金をつぎ込み続ける



僕の事でした!笑



「相場は多数決の原理で成り立っている」以上、同じようなインジケーターを使っている人の割合が相当高くないと、そのインジケーターで出されたサインは、論理的に考えて有効ではない



同感です。
僕も以前は、勝てるインジケーターがあるんじゃないか?みたいに数百個単位で調べ回ったことがあるんですが、勝てるタイミングをピンポイントで示してくれるモノなんてない、って言う結論に至りました。

インジケーター探しに時間を使うよりは、水平線を何度も引く練習をしたり、移動平均線に対して値動きがどんな風に反応しているか?というのを見ていった方がずっとずっと経験値になります。


「波の止まるポイントと大きく動き出すポイント」を、インジケーターに頼る事無く知る事が出来れば、



ぼくは移動平均線を主に信頼して波が止まるポイント(値動きが反転するポイント)を探しています。これはこれで良い成果を出してくれているものの、移動平均線によって成績が左右されているわけです。
インジケーターが不要になれば、インジケーターに縛られることがなくなりより柔軟な判断ができるようになります。


相場の本質である「波の動き」を分析し、具体的且つ理論的に波の動きを予測出来るようになる



「予測」という言葉はおそらく、便利だから使っているだけだと思いますが、相場の本質が波の動き(チャートパターンや波形)に現れるのは間違いありません。
値動きの予想こそできないものの「この環境でこうなったらこうなる」みたいな分析はできるようになります。

FXは勿論、株やCFD等、あらゆる相場や金融市場に自信を持って参戦する事が出来る



水平線だけで良いわけですからね。FX同様、相対取引の相場であれば、どんな投資対象にもlogicalFXを適用させることができるはずです。


人生を変えるには「決断」が必要
決断をする事は、本当に勇気がいります



決断できる出来ない、する・しないって、やっぱり大切なことですよね~~。
それと後は、自分の決断に対して後からくよくよくやんだりしない、って言うのもけっこう大事じゃないかと。

「何でこんなところでトレードしちゃったんだ。。。」と嘆いている暇があれば、そんなトレードをしないようにするにはどうすれば良いか?って言うのを徹底して考えていくべきですね。


■インジケーターを見て判断する事から始めるのは、「危険且つ、そもそも間違っている」

LogicalFXはインディケーター不要で水平線のみでトレードする方法を教えてくれるという夢のツールです。ただからと言って、LogicalFXの販売ページにかかれていることをすべて本当だって思ってしまうと足元をすくわれます。

情報収集する際、勉強する際は
何が正しくてなにが間違っているのか?きちんと見定めていくべきです。


「波の動きを予測出来るスキルがある」という事は、「相場の本質を理解している」という事と、「同義である」



そもそも値動きの予測自体、不可能なことだと思うんですよね。次の瞬間の猫の動きを予想しろなんて言われても、どんなに訓練したって読み切れるもんじゃないのと同じように,

相場だって、次の瞬間に何が起きるかなんてさっぱりわからないものです。

相場の本質とは、ここでは何を指しているのかはわかりませんが、仮に相場心理を読み解けるようになったとしても、どんな状況でも常に読みとめるわけじゃないし。


「プロフェッショナルな大口投資家達と同じ土俵である」という事実をしっかり認識しているので、「彼らと同じ目線」で相場背景を読み取り



プロフェッショナルや大口投資家にも、彼らの都合があるわけで。決して伸び伸びとやりたいようにトレードしてるわけじゃありません。

彼らの場合、僕らと違って
「何が何でも結果を出さなきゃいけない。」
みたいな縛りがあるわけですよ。月利○%と言われたら、死んでもその目標をクリアーしなきゃいけない。

僕らはそんな都合に縛られない自由があるわけですから、必ずしも彼らと同じ目線を持つ必要はないんじゃないかな?と。
もちろん、彼らも狙うであろうポイントにちゃっかり便乗することは大切ですね。


インジケーターを見て判断する事から始めるのは、「危険且つ、そもそも間違っている」



うーん、移動平均線もかなり使えるし重要だと思うんですよね~~^^;
インジケーターの存在意義ってそもそも、相場を見やすくするためですから、正しい使い方さえできれば、すごく使えるツールだと思うんですが。


チャート分析さえしっかり出来れば、「どんなに難易度の高い相場でも確実に利益を上げる」



難易度に関係なく、やっぱりボラがないところはやっぱりトレードには不向きですよ。


勝ち続けているトレーダーのチャートは、非常にシンプルな事。
「勝っているトレーダーの頭の中にあるトレードルールは非常にシンプル」



ケースバイケースです。
インジケーターをたくさん使っている人もいます。


「波の止まりや、大きく動き出す所を予測できる力」を持っている



予測じゃありません。
大きく動くかどうかは結果論です。


実際に相場に向かう前に波の動きが予測できているという事は、「前もってエントリーとエグジットが描かれた設計図を作ってから市場に参入している」



予測じゃなくくて、あくまでもトレードプランありきです。


含み損に対する恐怖と不安が、いつまで経っても消えない



勝ち続けられるようになっても、含み損は嫌なもんですよね。やっぱり。
恐怖や不安を感じることもあるけれど、その影響にトレードが左右されるようなことがなくなればよいんじゃないかと。


どんなに市場が荒れようが、平常時と同じように「平均化」してしまいます。その結果、平常時にしか通用しないようなサインを、大暴落の時も同様に出してしまう



ダウ理論でも平均は重要って言う基本原則があるじゃないですか?
大きく動くときは確かに移動平均線とかはあまり役には立たないかもしれないけれど、僕らが勝負するときって、大きく動き出す前の話ですからね。

「シンプルなトレードルールで勝ち続けられるぐらい、相場を理解している」



シンプルにトレードできるのは理想っちゃ理想ですが、それもトレードスタイルの1つにすぎません。インジケーターを使って勝つ方法だってたくさんあります。


■logicalFXの仕様

logicalFXはテキストと動画を使ったマニュアルで、テキストで主にロジックの解説。動画で実際に動いているチャートを見ながらケースバイケースでの解説、と言った感じになっています。

エントリーからエグジットまでの実際の取引を公開しているという「実践トレード動画」もあるそうですが、やはり注目すべきは期限や回数制限なしのメールサポートがついてくる点じゃないでしょうか?

勝率7割以上くらい出せるようにらしいですが、そこまで到達するにはなかなかしんどいんじゃないかな?という気がしています。水平線を引くのってそんなに簡単じゃないというか、自分の引いたラインを信用できるようになるまでがけっこう、大変だったりします。

だからこそ、logicalFXのようにサポートが無期限・無制限で使えるというのは、かなり心強いです。むしろ、習得の難易度が高いからこそ、無期限にしないとつじつまが合わない、とも思いますが。


ちなみにマニュアルは↓のような流れになっています。
----------------------------------------
第1章 テクニカル分析はダウ理論がすべて。ダウ理論を徹底的にマスターする
第2章 波を描く
第3章 波の意味を考える
第4章 相場背景を読み取る
第5章 エントリー、利食い、損切りについて
第6章 チャートパターンについて
第7章 テクニカルツールは有効なのか?
第8章 トレンドラインでのトレードは、実は危険
第9章 実践トレード集
----------------------------------------

logicalFXのポイントはなんといっても3章でしょう。
ここで「意味のある波」を解説してくれるらしく、

「レジサポを抜ける波か、そうでないかの違い」


を見極めるポイントを伝授してくれます。

水平線をきちんと引けるようになって、そのラインを抜けるのか?反転するのか?という分析スキルが高くなれば、相場に勝てないほうがおかしいです。

抜けるはずだとわかっていれば、早い段階から積極的にエントリーすることで利益を伸ばしやすくなります。逆に反転するとわかっていれば、とにかくラインまでぎりぎり引き付けることで、リスク対リワードの比率が抜群のポイントでエントリーできるようになります。


■logicalFXの総評

水平線をきちんと引けるようになって、なおかつ水平線を抜くのか?反転するのか?というのをあらかじめ判断できるようになるなんて、ライントレードをする人間ならば誰もが知りたいノウハウを教えてくれるわけですから、logicalFXはこの価格では安すぎる!というのが、率直な感想です。

ライントレードを学ぶにあたって僕は数十万円以上も費やしましたから、費用対効果は間違いなく高いのですが、ただ習得の難易度は決して低くはありません。むしろ、今までにないくらい気合を入れて、根気よく続けなければ身に付けられないと思ったほうが良いです。

ただlogicalFXを購入すれば、無期限サポートがついているんですよね。この点を考えるとやっぱり費用対効果は高いので、あとはあなたがどれくらい相場で勝ちたいのか?という思いを持っているかどうか?じゃないでしょうか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア