記事一覧

logicalFXにトレンドラインと移動平均線を加えたらマジ最強?

logicalFXは水平線以外のテクニカル分析ツールを全否定しています。

確かに、他の分析ツールを否定したくなる気持ちはわかります。移動平均線とかは期間設定や種類によって波形がまるで変わるし、人によってどんな設定になっているか変わる分、信用度が下がるのは否定できません。

トレンドラインも、どこにどんな風に引くと良いのか?というと、確かに水平線よりもずっと個人差が出てしまうものの、だからと言って全否定するのはちょっともったいない気がします。

水平線だって、数pips位の誤差なら生まれて当然だと思うんですよね。「ひげの先端まで考慮してラインを引く」みたいなルールにしたところで、結局、そのルールにはそぐわない相場もあるわけです。

ちなみに僕も最初は、ひげまできっちり考慮してラインを引いていましたが、今はそんなにガチガチにこだわらなくなりました。あんまりガチガチにこだわることなく「この辺が意識されてそうだな」という水準にラインを引くようにしています。

トレンドラインも移動平均線も、使いようによっては非常に使えるツールです。そもそも、水平線だけだと縦軸の感覚しか見えてこないわけですから、横軸の感覚を少しは取り入れたほうが勝率を維持しながら勝ちやすいトレードができるようになると思うんですね。


縦軸というのは、相場の価格のみの動き。
横軸というのは、時間経過が相場にどんな影響を与えるのか?


という意味になります。

水平線はどこまで行っても同じレートを突っ走るわけですが、トレンドラインには傾きがあります。時間経過とともに上がったり下がったりしていますから「時間とともに相場心理はどうなっているのか?」というのを見えやすくしてくれます。

そういうのを理解したうえでトレンドラインや移動平均線を使っていけば、logicalFXを補完できる強力なツールになります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア