記事一覧

パラボリックSARはリペイントされるの?

パラボリックSARについて、
リペイントの質問がありましたので紹介します。

リペイントとは、テクニカル分析やシステムトレードで、
サインが時間の経過とともに変わってしまう現象の事。

質問内容は、
パラボリックSARがリペイントされている気がするんだけど、そんなことあるの?
というものです。

僕の回答がこちら

-----------------------------------------------------

リペイントについてのご質問ですが、
まず、リペイントが起きる原因は
僕の知っている限りでは2つあります。

パラボリックSARの場合、
2つのうちどちらにも当てはまらないので、
リペイントはされないはずなんですが、、、
仕様上の影響があるかもしれません。


1.現在の時間足も計算対象になっている

ローソク足の終値がちょろちょろ変わりますからね。


2.長期足のテクニカルも考慮している

例えば1時間足には実質的に5分足が12本分含まれますよね。

そしてパラボリックSARを使うとして、
5分足のローソク足が6本消化された段階では、
1時間足のパラボリックSARが上昇。

けれども残りの6本分が経過した段階で、
急激に値動きが下落すると、
1時間足のパラボリックSARも
下落に転換する可能性があります。

そのテクニカル分析が長い時間足での数値も
考慮している場合には、値動きによって、
リペイントが起きる可能性が考えられます。

ただパラボリックSARに関しては、
そういう仕様(計算方法)にはなっていない
ようです。

メタトレーダー出の計算式を
きちんと確認したわけじゃないんですが、
リペイントされるという話を聞いたことがありません。


ちなみにシステムトレード系のツールでは、
もう一つ起こりうるリペイントがあります。

それは現在の時間からさかのぼるように、
数値計算をしている場合です。

未来から過去にさかのぼって、
シグナルを考えていきますので、
結果として絶妙な位置に
サインが表示されるという。。。。汗

少なくとも、そんなツールには騙されないように、
気を付けて下さいね^^;

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア