記事一覧

ローソク足が・抵抗線に反発する理由

抵抗線(レジスタンスライン・サポートライン)をめどにトレードするのも相場では非常に有効です。過去チャートを見てみると、以前に値動きが反転した(もしくは押し目や戻しを作った)ところで同じように相場が反応して値動きに変化が生まれていることがよくあります。

そのため、抵抗線をうまくひけるようになることもトレードでは超重要で、ラインのスキルがしっかり身につくとトレードにそれだけ自信と余裕が生まれるのですが、抵抗線が値動きに影響を与える理由はなんなのか?を考えていくと、答えはダウ理論です。

特にダウ理論で定義されているトレンドは、主要な抵抗線を突破したかどうか?を重視しているため、トレンドとは逆方向の抗線が突破されない限り、トレンドが継続したと見てトレードプランを考えていきます。

上昇トレンドの場合には、トレンド転換の可能性を意味する直近高値からの押し目の安値(サポートライン)を突破されない限り、上昇トレンド継続と考えてロングエントリーするのがセオリーとなります。
※逆に下降トレンドの場合には戻り高値のレジスタンスラインを突破されるまでショート優勢となります。

ということは、ダウ理論的に考えて相場が上昇中に最も有利な位置でエントリーしようと思ったら、直近の押し目の安値のラインという風に考えることが出来ますね。このラインを突破されてしまうとトレンド転換が起きる可能性があるものの、このラインが守られる範囲内ではトレンド継続となります。

ライン付近でエントリーするのがやはり、もっとも安く買える水準となるので、結果としてライン付近で買い注文を入れる人が殺到するようになり、結果としてラインに対して値動きが反発しているように見えるわけです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア