記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXは通貨ペアを絞ってトレードしたほうが勝てる?

FX商材の販売ページを見てみると

「ポンド円の癖を味方に付けた!」
「ドル円の特徴的な宇g気をとらえる!」


みたいな表現をしているものがあります。
通貨ペアを見比べてみると確かに、ボラティリティに違いがあるのはよくわかります。

ドル円が50pipsくらいしか動いていない時にポンド円だと100pips以上も大きく上下していることはよくあります。通貨ペアを比較すると確かに値動きに違いがあるので、通貨ペアごとにトレード方法を変えるのは確かに意味がありそうな気がします。

けれども実際には通貨ペアを絞らずにいろんな通貨ペアでトレードすべきです。クロス円だけとか、ドルストレートだけ、みたいに偏るんじゃなくて、ユーロポンドとか、ポンドスイスとか、ドルカナダとか、様々な通貨ペアにどんどんチャレンジしてみてください。

余りたくさんの通貨ペアでトレードしようと思ったら、チャートの表示をカチカチ切り替えなければいけないので、けっこうせわしくなくなります。なので最初のうちは別に4つとか5つとかでも構わないので、できるだけ多くの通貨ペアでチャートを監視するようにしてみてください。


トレードできる通貨ペアが多くなれば、条件がよりきれいに整ったペアでトレードできます。単一通貨ペアでトレードしようと思ったらどうしても、ちょっと条件成立が微妙な場合にも、エントリーせざるを得なかったりして、それが負けトレードにつながってしまうことがあります。

トレード条件がきれいに整えば勝率が高いというわけではありませんが、少なくとも、条件成立が微妙なケースよりは勝てる可能性は高い傾向があります。

複数の通貨ペアで同じようなレンジ相場を描いていたとしても、上限にあともう少しと言うところで反転し始める通貨ペアもあれば、上限にしっかりタッチして反転する奴もあります。
より安定して勝とうと思ったら、前者を後者のどちらを選ぶべきか?と言うともちろん後者です。上限タッチがよりはっきりしているほうが、他のトレーダーも注目している可能性が高いので、勝率が高くなりやすいです。

通貨ペアを絞ってトレードするんじゃなくて、ぜひいろんな通貨ペアを見ていって、相場環境が読み取りやすいペアでトレードするようにしましょう。

ちなみに僕の場合は、通貨ペア選びに関しては偏りがあまり出ないようにバランスよく守備範囲を広げています。クロス円に関しては

ドル円・ポンド円・ユーロ円・オージー円



と、ちょっと多めではありますが、他には、

ポンドドル・ユーロドル・オージードル
ポンドスイス・ドルカナダ・オージーカナダ・ユーロオージー・ユーロポンド



と言った感じで、できるだけいろんなパターンの通貨ペアを選ぶようにしています。

こうやって分散させることで相場環境が全く変わってくるので、ある通貨ペアではトレードチャンスがしばらくなさそうでも、別の通貨ペアではもうすぐトレードチャンスになりそう!ということがよく起きます。

トレードの効率を高めるためにも複数通貨ペアの監視は、ぜひやっておきたいモノです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。