記事一覧

安易にロットを上げない

FXは勝てるようになると本当に楽しいものです。打てば響くような感覚があり負けトレードが苦にならなくなります。

「こうすれば利益を残せる。」という感覚を持ってトレードができるのは安心感を生み出してくれるのですが、それとともに過剰な自信も感じてしまうところが難点です。


「よほど下手なトレードをしない限り負ける気がしない。」そんな風に思えるようになると、にわかにロット数を上げたくなります。今までは1万通貨だったのを10万通貨にしてみようか?とか、5万通貨だったのを20万通貨にしてみようか?とか、そんな風に考えるようになります。

勝てるようになったらロット数を上げようと考え始めるのは決して不自然なことではなくて自然な流れではあるけれど、気を付けなければいけないのは、ロット数は2倍、3倍ととんとん拍子で増やしていけるものじゃない点です。


ロット数を増やすと当然ですが、1pips当たりに動く金額がそれだけ大きくなることになります。1pips100円だったのが500円とか1000円になったら、私たちはどうしても「5pips動いたのと同じだ」とか「10pipsに相当するな。」と、以前のロット数で考えてしまいがちです。

今までは数千円単位の勝ち負けを繰り返していたところ、それがいきなり数万円単位の勝ち負けに切り替わると、メンタルが追い付いていきません。ポジションを持っている途中にソワソワするようになってしまい、適切な位置で決済しづらくなっていきます


利益を守ろうとして本来よりも早いタイミングで決済してしまったり、
逆に損切すべき時に含み損に目がくらんでなかなか手が動かない



そんなことも起こりがちです。

チャート分析についても、ロット数を増やすことで当然、目が曇っていきます。目先の利益を追うようなことをやりがちで、本来ならばエントリーすべきではないところでトレードしてしまうことが増える傾向があります。
無駄なトレードが増えると収支が悪化するだけじゃなくて、当然、自分のトレードに対しても自信が揺らいでいきます。どんなに勝てるトレード手法であっても信じて続けることが出来なければ、意味がありません。


ロット数を上げるのはあなたの思っている以上に大きな環境変化をもたらすことになります。勝てるようになったからと言って安易にロット数を倍々ゲームに増やしていくべきではなくて、資金量が二倍になったらロット数を1.2倍にするとか、そのくらいのペースが理想です。

逆にロット数を上げるという感覚にも慣れ始めると、自分が心地よくトレードできる最大ボリュームみたいなものが自然と見えてくるはずです。限界ロット数が見えてくるまではとりあえず最初は慎重にロットの調整をするようにしましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア