記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オセアニアスペシャル(自動売買)運用時に気を付けたいこと

自動売買
買ってそれで終わり!
というわけにはいきません。

実際に動かしてみて結果を出してみて
初めて意味があります。

儲かったとしても損をしたとしても。


結局、その自動売買プログラムが、
儲かるのか?損をするのか?
結果を見ていないことにはわかりません。

より公正かつ客観的に自動売買の良し悪しを判断するには、
可能な限り長い期間で運用してみる必要があるものの、
現実には時間は有限お金にも限りがあります。


そこで現実的に自動売買の成績を
できるだけ客観的に判断するために、
気を付けておきたいポイントを挙げていきます。


1.1週間とか1か月で早々と結論を出さない

満足にトレードを消化していないのに、
さっさと結論を出すのは避けるべきです。

1週間運用してみて利益が出せたからと言って、
すぐに運用資金を増やすべきではありません。


逆に、2週間くらい運用した結果、
マイナスになってしまったからと言って、
早々と運用停止させてもいけません。


自動売買で資金を運用するならば、
少なくとも月間単位の実績
で判断していくべきです。

月単位で資金が何%が増減したか?
を見ていって、それが累積で
どのように推移しているのか?

それらのデータをきっちり集めて、
判断していくべきです。


2.裁量で運用を止めたり再開させない


どんな自動売買であっても連敗はつきものです。

運用を始めた途端に、運悪く、
いきなり過去の最大連敗数に匹敵する連敗
に遭遇する可能性はゼロではありません。

そんな時に人間なら誰だって、
運用を止めたくなります。

けれども、そうやって裁量判断を挟んでしまうと、
自動売買のパフォーマンスの客観的な評価が出来なくなります


ちょっとくらい連敗が続いても、
運用を止めちゃいけません。

ぐっと我慢して、
勝てる流れに戻っていくのを
ひたすら待つべきです。


3.最初の投下資金は死に金と考える

自動売買を使うにあたって、
最大のポイントはここでしょう。

運用資金は捨てたものとして考える。

なまじっか、未練を持ってしまうと、
メンタルが揺さぶられてしまうので、
運用資金はどぶに捨てたと思うようにしましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。