記事一覧

platinum turbo fxの検証レビュー

評判の良かったTURBO FXが、
PLATINUM TURBO FXとなってリニューアル。

決済ルール・エントリー条件の追加によって、
さらに精度が増したそうですが、真相はいかに??


■煽らずにメリットを伝えているたぐいまれなセールスレター

PLATINUM TURBO FXの販売ページはおそらくは、
ノウハウ開発者の石塚さんが自分で書いたものでしょう。

コピーライティングのテクニックを使っている様子がほとんど見当たりませんので。

ライティングを学んでいない人の文章って、
そもそも読みにくかったり、事実だけを淡々と並べていく感じが多いものの、
PLATINUM TURBO FXのセールスレターはとにかく読みやすい。。。!

あらさがしをしてみたんですが正直、見当たりませんでした。

普通は、叩けばホコリが出てくるようなセールスレターばかりなんですが、
PLATINUM TURBO FXに限っては、嘘くさい話はほとんどなく、
極めて事実に照らし合わせた内容ばかり。。。

セールスレターのダメな部分を探すのが途中で嫌になりました^^;

ちなみに、PLATINUM TURBO FXのセールスレターの中で、
気に留めておいてもらいたいポイントを紹介しておきます。


シグナルやEAにも長所があり、裁量トレードには短所もある


裁量トレードは習得に時間がかかるというデメリットがあるわけだから、裁量のスキルアップをしている最中に、シグナルやEAをあてにするのはアリ。


シグナル発生の根拠を学びながらトレードし、
精度を高める為のノウハウをピンポイントで学ぶ事で、
短期間で学びながらトレードし結果を出していく事を目指せます。


理想的なトレードのスキルアッププロセスじゃないでしょうか?なぜそこでシグナルが出てくるのかを考えつつ運用できるわけです。まずは結果を出しつつなぜこのルールでトレードすると利益を残せるのか?を後付けで学んでいくことができるわけですね。

苦手な相場は休み、負け易いタイミングでのシグナルは回避するなど、
シグナルトレードの精度を高める事を目的に、必要なノウハウをピンポイントで学ぶ事が出来ます。


勝てるトレーダーになるためには「勝つべくして勝つ」ことができなきゃいけません。そのためには、当然、勝てない場面は見送り、勝てる場面だけを選び抜くという環境認識力が必要不可欠。それを学べるって言うんだからすごいですね!


長い時間軸でのトレードは、期待出来る利益は大きいですが、
失敗した時の損失も大きくなる傾向があり、仕事や家事をしている間や寝ている間も、
価格の動向が気になって大きなストレスを感じる人は少なくありません。


時間足が長くなると、ポジション保有時間が必然的に長くなります。もしチャートを1日何時間も眺めていられる場合、含み益が増えたり減ったりするので、かなりメンタルがぐらつきます^^;
ただ逆に、日中はほとんどチャートを見れない場合にはむしろ、長期足でトレードするのも全然ありだと思いますが。

コツコツ何度も勝ったら、たまに小さく負ける。スキャルピングはこれの繰り返し


勝率がどのくらいになるのか?にもよるんですが、期待できる利幅に対して損切り幅が常に小さくなるのが理想ですね。


■PLATINUM TURBO FXのロジック・実績

トレンド方向の順張り

・トレード頻度:1通貨ペアで1時間あたり1~4回程度(1分足)、0~1回(5分足)

推奨通貨ペア:ドル円、ポンドドル、ユーロドル、ユーロ円、ポンド円

勝率:45~75%
 ※シグナル通りトレードした場合

時間足:1分足、5分足
 ※2015年3月からドル円の15分足・1時間足にも対応

時間帯:9時から翌2時(日本時間)を推奨
 ※特に15時から19時及び22時半から翌2時が一番のお勧め

サポート:期間・回数無制限メールサポート付




前作に比べて、主にどこがどんな風に変わったの?
・ATR、RSIなどの分析ツールを加えることで、負けトレードを減らしている。
 その分、トータルとしてのトレード回数はかなり減っている。

・決済時に「指定値に達した時のトレンドの強さを考慮」する機能を追加。
 T3_CCI_MODというインディケーターを使い、トレンドの強さを判断する。


PLATINUM TURBO FXではロジックを全て公開。
シグナルが発生する根拠・売買ルールがわかるので、ロジックを理解しながらトレード力を養っていくことができます。

シグナル通りにトレードすると勝率が50%を切ることもあるので、月によってはマイナスになる可能性はもちろんありますが、その間にきちんとPLATINUM TURBO FXに慣れる努力をしていれば、利益を伸ばせそうな場面、逆に負けトレードになりそうな場面を見極める力が伸びているはずです。

最初のうちはシグナル通りにトレードしたせいでマイナスになってしまうかもしれませんが、いずれ、その状態を抜け出して、自分の裁量判断を加えてPLATINUM TURBO FXを使いこなせるように名ているはずです。


また前作と比べて、大きく変わったと感じる点は、トレード頻度がかなり減ってしまった点じゃないでしょうか?前作のトレード回数に慣れていると、ちょっと物足りないと感じるかもしれませんが、累積利益が増えるのであれば、トレード回数はむしろ絞り込んだほうが良いに決まっています。


PLATINUM TURBO FXでは、小幅な値動きが続く状態でシグナルを発生させないように再設計されています。トレンド方向の順張りではありますが、リスクの高いトレンドの初動を捨て、トレンド方向へ値が伸び始める2回目・3回目の波に乗っかるようなトレードスタイルになっています。


■PLATINUM TURBO FXの総評

シグナル通りにトレードしているだけでも、そこそこ勝てる。それでいてロジックがすべて公開されているから、ロジックを学んで自分のトレード力をレベルアップさせることもできる。ちょっと至れり尽くせり過ぎじゃないか?と言う気がします。

サービス内容としては、10万円以上するような高額トレード塾と比べても、そんなに見劣りはしません。ただサポート体制で言うと、PLATINUM TURBO FXでは石塚さんだけ。質問が殺到した時にいは、必然的にレスが遅くなってしまうわけですが、逆に、ノウハウ開発者さんから、直接サポートしてもらえるのは、メリットだと考えて良いんじゃないでしょうか?


トレードしたこともない、単なるサポートスタッフとメールのやり取りをするよりもずっと、得られるものが大きくなります。


TURBO FXのころから、石塚さんのサポートには定評があり、PLATINUM TURBO FXの販売開始後も、その評判を裏切るような話をほとんど耳にしません。どちらかというと、ユーザーの意見に積極的に耳を傾け、TURBO FXをさらに進化させることに情熱を注いでいる雰囲気もあるので、PLATINUM TURBO FXに取り組む際には、ぜひ、石塚さんへジャンジャン質問して、自分に足りていなかったパーツを埋めていきましょう。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア