記事一覧

トレンド相場・レンジ相場のどちらでもない相場

相場には一般的に2つの局面があると言われていますね。いわゆる

トレンドが出ている相場
トレンドが出ていない相場(ノントレンド、レンジ相場)


の2つ。

理想論で言えば、トレンドが出ている相場ではトレンドに沿ってトレンドフォローで行けば勝てるし、レンジ相場の場合にはカウンタートレード(逆張り)をしていきゃ勝てるはず。けど、実際にやってみると、そう簡単には勝たせてくれません。相場判断を見誤っているから勝てないのか?と思いがちですが、ほかにも理由があります。


相場には、トレンドが出ているのか微妙な場面もあれば、レンジと言うには上限・下限が安定しない場面なんかがありますよね?そういった感じで

「トレードに適していない相場」

もあります。

相場が無秩序状態にあり方向感が読みにくい相場も存在します。そういう場面でトレードを控えるようにすることも裁量トレードで勝つためには欠かせません。

トレンドが出ているときに順張りで勝てるのは結局、相場心理が味方しているからです。相場参加者の思惑として、トレンド方向に伸びると考えている人の方が相対的に多いからこそ、その思惑に乗っかって勝たせてもらえるわけです。チャートをパッと見た時に、値動きにリズム感というか規則性みたいなものがなくて相場心理が読みにくそうなときには、サインが出たとしても見送るようにして、勝ちやすい場面でトレードをしていくべきです。

王道スキャルで言えば、販売ページにある通り一方向にはっきりと相場が流れていることを確認してエントリーするのが結果として、収支を改善させるポイントなります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。