記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相場の短期足と長期足の連動とは「ドミノ倒し」

ぷーさんのトレード講座「光」は優位性がある場面を絞り込むとは言いつつ、勝率は結果的に5割強。決して連戦連勝と言うわけではありません。

なんだか言っていることとやっていることのつじつまが合わないように感じるかもしれませんが、ドミノ倒しを例に考えてみると優位性についての理解がちょっとは前進するんじゃないかと思います。


トレードでは短期足と長期足の連動が重要とか言われることがあります。単純な発想で言えば長期足で上昇トレンドを形成しているときに短期足で押し目を狙っていくのが良いわけですよね。

このとき、短期足的にはトレンド転換みたいなことが起きていることがしばしば。短期的に下落トレンドが起きていてそれが上昇トレンドに転換するタイミングを狙うのが、王道的なトレンドフォローの手法になります。


トレンド転換が起きたということはつまり、短期的な下落トレンドにのっかっていた人たちは慌てますパニックになります

「やべ~、このままだと含み損がふえちまう。汗」


と恐怖と不安でガタガタと震え上がり、渋々、損切りを決断していきます。


この損切りの流れを巻き込むのが短期足の重要なポイント。ドミノで言えば最初の1つ目のドミノを倒すような感じです。2つ目・3つ目のドミノ(損切り)までの間隔が広すぎず、きちんとドミノ倒しを形成できれば、勢いは増していきます。逆に、2つ目・3つ目~数個目のドミノのどこかで間隔が広すぎた場合にはドミノの連鎖は止まります。つまりトレンドの勢いがなくなります。


常勝トレーダーにとっての負けトレードの大半は、このドミノ倒しの連鎖が途中で止まってしまうようなケースです。どれほど実力が高かったとしても、ドミノが100%連鎖するかどうかを完璧に見抜けるものではありません。

たとえ優位性があったとしても、ドミノが適切な間隔でそろっているかどうかは、結果的にしかわからない側面もあるので、勝率5割程度に落ち着くケースは十分に考えられます。優位性があることを確認できているうえで、5割さえキープできていれば、けっこう簡単に損小利大トレードができるようになるので、結果的に利益を残せるトレードができるようになります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。