記事一覧

フラッシュゾーンFXの検証レビュー

■フラッシュゾーンFXの概要
・SMBキャピタルで実際に運用されている鉄板手法を体系化
・大きく下げた相場が上昇するポイントで条件成立を確認してエントリー。相場が上がり切ったタイミングに利確する逆張り手法

参考
トレードは逆張りとか順張りとか言っているうちは勝てない?






インディケーターは自動売買をするためのツールでしかない、
とは言いつつ、手法の中にちゃっかりとインディケーターをしのばせる当たり。

従来の情報商材とは一緒にしないでくれ!とは言いつつも、しょーもないウソをついてマスね^^;

それにセールスレターの内容も「ある企画を実施!」とか言いつつ、全額返金保証だったり、商材価格も「この市場の相場とも言える価格帯」だったりと、従来の売り方と大差を感じない。笑

今までとは違うぞ!っていうアピールしようとしすぎて、逆にあちこちに矛盾を感じますが、それは商材の中身とは切り離して考えるべき。

客観的にセールスレターの内容の真偽とトレード手法の評価をしていきたいと思います。

■フラッシュゾーンFXのセールスレターレビュー 良いところ

Flash Zone FXが過去ではなく、未来を予測する手法


僕の嫌いな「未来を予測する」という表現。よほどの自信を感じますw

色んなネーミングや目新しいインディケーターを使った複雑な理論でも大体がこの「押目買い」「戻り売り」に集約されているのです。


そうなんですよね。トレード手法なんて言うのは結局、タイミングを取るためだけのツール。で、どんなタイミングでエントリーするのか?って言うと押し目・戻りの頂点を付けたと確信できるところ。その確信(根拠)を得るためにトレード手法が必要になるわけです。

勝ち続けるトレーダーの手法は、まさに「職人技術」なので「手法」としてまとめるのが難しく、相当な研究と練習が必要不可欠です。


トレード技術って職人芸的な側面は確かにあります。サッカーとかで1対1の場面で相手をかわすためには、お互いに仕掛け合いながら隙を探ります。同じようなことがFXでも求められるわけです。要は相場参加者の隙を伺うというか、ミスを突くとか、そういったことです。

チャートを心理学からの観点でアプローチをかけて、もっとも優位性あるところを「仕組み化」


優位性がある部分を仕組化ですと!これは非常に期待が持てますね☆

裁量であれば、車の運転などと同じように繰り返しやることで自然と感覚の部分が磨かれていく


車の運転ほど簡単じゃないけれど、やっているうちに慣れが出てくるのはその通り。慣れてきたところでマニュアルを読み返してみる。そしてまた実践を続ける。この実践→復習の繰り返しこそ、裁量トレードのスキルアップの近道です。

この業界では、あまりにも勝率の高さにこだわり、手法探しをされている方が非常に多い印象を私は受けています。


勝率は後からついてくるものなんですよね。まず最優先しなきゃいけないのは勝率を安定させること。ある手法を実践した時の勝率を安定させたうえで、エントリータイミングを早めたり遅くしたり。利食いを早めたり遅くしたりして、利益の最大化を考えていくわけです。

巷に出回っているような数万円程度のEAを手にして、長期的にFXで勝ち続けようとしているその行動そのものが私に言わせれば“ナンセンス”です。


残念ながら、結果的にEAは負けるって言うのが現状。長期的にEAで勝とうと思ったら、相場状況に合わせてEAを切り替えるっていう裁量判断が必要になってきます。



■フラッシュゾーンFXのセールスレターレビュー 悪いところ

私とまったく同じスタイルで活動できる人間は、間違いなく片手で収まる程度の人数しか存在しないはず


もともと「まったく同じスタイル」になること自体、珍しいでしょww

私の最終目標が、日本でもSMBキャピタルのようなプロップファームを作ることです


善意に捉えると理に適っているように感じるんですが、悪意に取れば取ってつけたような理由にしか感じないですね。汗
目標を言うだけならタダだし誰にも迷惑かけません。「プロップファームに見合う人材を育てられませんでした。」って言っちゃえば逃げ切れちゃうし。

トレンドフォロー手法を一言で言えば、FXでよく言われるコツコツ勝ってドカンと負ける『コツコツドカン型』のトレード手法です。


トレンドフォローにもいろんな手法がありますからね。汗
ブレイクアウトならば確かにリスク対リワードがあまり良くないものの、結局は場面の絞り込みです。あと、1トレード当たりの期待利益が十分に大きければ別に勝率が低くても良いわけで。一概にトレンドフォロー=コツコツドカンと決めつけるのはいかがなものかと。

おそらく、これまでこの業界を賑わせていたトレーダーの方たちが今現在の自分のポジションを守り抜くために、強引にでも私のことを批判する行為に出るかもしれません。笑


情報業界も持ちつ持たれつですからね~~。誰かを批判すると巡り巡って自分のところに返ってきたりするし、逆に自分の持ち手の一つをつぶすことになりかねないので、そう簡単に誰かを批判するようなことはしないですよ。あえて敵を作るほど馬鹿じゃありません。みんな。笑


■フラッシュゾーンFXの仕様・実績
通貨ペア:指定なし
時間足:問わず(5分足、30分足、日足など)
平均勝率:63.7%
トレードチャンス:1日に平均10回ほど

■サポート
電話・メールサポート




1日3分で平均勝率6割。
目標リスク対リワードは「1:2~10」で月平均12.7%の利回りを目指す。
逆張りトレードにしては良くできているほう?じゃないかなとは思います。

ただエントリーするタイミングをよくよく見ていくと、純粋な逆張りっていうわけでもない、気もします。要するにトレンドが出ている相場で押し目・戻りの頂点まで戻ってきたところから、トレンド方向に復帰するタイミングを狙う。そんな手法になっています。

ダウ理論に素直に従えば、押し目・戻りが突破されるまではトレンド継続とみなします。
少なくとも、押し目・戻りを一気に突破して一気にトレンド転換するケースはまれ。
どちらかと言うとレンジになることが圧倒的に多い。押し目・戻りまで値動きが戻されても、そこである程度の反発があることがしばしばです。

フラッシュゾーンFXでは「サイクルクローズ」と表現していますが、確かにこのタイミングに限定してトレードしていくのは理に適っているし、リスク対リワードが「1:2~10」とやけに幅があるのもうなづけます。

■フィボナッチリトレースメントを使うのが独特か?

フラッシュゾーンFXではフィボナッチリトレースメントを使ってエントリー判断をしていきます。同じくリミット・ストップロスの位置もフィボナッチを使って決めていきます。目新しいかどうか?で言えば、特に斬新さがあるわけじゃありません。特別な使い方をすると言ってもたかが知れています。

基本からあまりに外れたやり方をすると、逆にフィボナッチリトレースメントというテクニカル分析が持つ優位性が損なわれますからね^^;
フィボナッチの良いところは、水平線だけでは見えづらい相場の中の隠れた抵抗線を確認しやすくなること。水平線を自信を持って引けなくても、フィボナッチを引くのは比較的簡単だったりしますから、フィボナッチラインを根拠にするのは初心者向きだと言えますね。


■フラッシュゾーンFXの総評


「従来のFX商材とは違う!」と連呼しつつも、特典内容がごくありきたりなところにすごく違和感を感じるのは僕だけじゃないはず!笑

押し目買い・戻り売りに対して批判的な話しぶりをしているけれど、より大きな視点で考えるとフラッシュゾーンFXだって押し目買い・戻り売りに近いですよ。笑
ただエントリーできるタイミングが比較的早いので、そこだけ見てみると逆張りになっているようにに見えるだけです。


フラッシュゾーンFXも結局

「長期トレンドに逆行していた短期トレンドが、長期トレンドに復帰するタイミングを狙う」


ところは従来手法とほぼ同じ。

「サイクルクローズ」という独自基準によって従来手法よりもエントリータイミングが比較的早めている
点が、フラッシュゾーンFXの肝となる部分です。

サイクルクローズのタイミングを狙うのは確かに優位性があるところのなので、エントリー時に値動きをしっかりと引き寄せて、利食いさえ欲張りすぎなければ、勝ちやすい手法じゃないかと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア