記事一覧

ドル円(USDJPY)のトレード 8月19日

ドル円(USDJPY)は指標発表の間にうまくトレードできました。

15分足
20150819usdjpy15m.png

■4時間足
20150819usdjpy4h.png

■1時間足
20150819usdjpy1h.png


環境認識

4時間足では方向感がよめないどっちつかずの状況。狙いやすいのはレンジブレイクに素直に従っていくパターンかな?と考えていました。


エントリータイミング

指標発表によって124円までぐんと下げられたものの、長いひげを伸ばして反転してきました。けれども、上値の方は1時間足のボリンジャーバンドに抑えられるような状況だったので、相場的にはまだテクニカルが利いているということがわかりました。
そのうえで、レンジスタンスライン124.45円を上抜け失敗に終わりましたので、ファンダメンタルズの勢いを受けてもボリバンをレジスタンスラインを突破できなかったことを根拠にショートエントリー。

ギュンと下がり始める一歩手前で飛び込むことができて、FOMC発表前にサクッと利食いをしておきました。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア