記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジ相場のブレイクアウトで期待できる値幅

各トレード手法ごとに、どこまで含み益を引っ張るのか?という決済ルールが用意されてます。
トレードはエントリーしてから決済するまでが1セット。決済ルールもきちんとしたものじゃなければ、勝率は高くでも結果的に収支がマイナスになる羽目になります。

では、利確の目安として、どんなものが使えるのか?と言うと、一般論で言えば、

トレンド相場であれば直近の抵抗線。下落トレンド中にショートしたのであれば、その先にあるサポートラインが決済の目安になります。

レンジ相場であればレンジ上限・下限もしくはレンジの中間。レンジ下限から逆張りロングを下のであれば、レンジの中間付近かもしくはレンジ上限まで引っ張るのが決済の目安になります。



他にもトレードルールごとに細かい条件がありますが、

レンジ相場のブレイクアウトに関していえば、レンジ幅の2倍

が値幅の目安になると言われています。

つまり、レンジ幅と同じだけの値幅だけ動いたところで利確するのがセオリーになるというわけです。


なぜレンジ幅の2倍が目安になるのか?と言うと、相場のエネルギーがちょうどそのあたりで尽きる可能性が高いからです。レンジブレイクで相場が一方向に伸びることが多いのは損切りを巻き込んでいるからですよね。レンジがまだ続くと思って逆張りエントリーしていた人たちが次々と損切りを入れるから、一方向に伸びやすくなります。


ここで、ボリューム的に損切り注文がどのくらい入っていたのか?というのを考えてみた時に、一つの目安になるのはレンジ幅です。

レンジの上下の幅の分だけ、レンジブレイクした方向とは逆方向にポジションを持ってしまった人たちがいるはずです。


ということは、彼らのポジションをすべて解消された時点で、損切りを巻き込んだ動きが静まるはずですよね?ということはつまり、レンジの値幅だけ動いた当たりで値動きが静まりやすい、という理屈になります。

ニュートンFXで利確幅が「直近ローソク足の高値・安値の値幅分」と設定されているのも、レンジブレイクの理屈を応用させた考え方になります。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。