記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXトレンドグライダーの検証レビュー

■FXトレンドグライダー 概要

・トレンド方向+エントリータイミングを視覚的に教えてくれるのでトレードしやすい
・抵抗線も表示してくれるので、レンジブレイクや利食いのめどを立てやすい



目がチカチカするほどど派手な冒頭部分では、
選民思想、自己重要感、限定性、などなど
射幸心をあおる要素満載w

とにかく売ってやるぜ!
っていう匂いがプンプンしてくるんですが、
果たして手法の中身はしっかりしているんでしょうか??



■FXトレンドグライダー セールスレターのポイント1 良いところ

本気のプロトレーダー達が、もっとも意識して、トレードしている ポイントを、そっくり、そのまま見える形で再現



トレードスタイルによってプロトレーダーでも注目するところは変わるけれど、判断基準はだいたい似たようなものがあります。そういうポイントを視覚的に分かりやすくしてくれるのはありがたいです。

投資には必ず「負ける(お金が減る)」というリスクも付きまといます。それは仕方のない事



リスクがあるからこそリターンを得られます。だからこそ、投資に勝つためにはリターンをコントロールするよりもリスクコントロールに重点が置かれるわけですよね。


■FXトレンドグライダー セールスレターのポイント2 悪いところ


その成果を表す、直近の利益獲得の実績をご覧ください



ダラダラと勝ちトレードのチャート画面を見せられるんですが、断片的に見せられてもね^^;
実績って言うのであれば、少なくともトレード履歴を見せるくらいじゃないと。

「月間平均1084pips」って言っている根拠も結局、セールスレターを最後まで見てもわからなかったし。

ちなみに、FX歴1年の佐藤さんと1週間の菅井さんのトレードの様子が写真付きで後悔されているんですが、エントリー時と決済時のチャート画面が同じww
本当に80pipsとか150pipsゲットしたのか逆に疑わしいww


FXの勉強などしなくても、感覚的にプロにも負けない精度の高いトレード技術を身につけられる



セールスレターってみんなどうして「勉強不要!」って言うんでしょうね。汗
勉強の手が止まったらやはりトレードでは勝てなくなっていきます。



■FXトレンドグライダーの仕様
■通貨ペア:全通貨ペア
■時間足:全時間足
■トレード頻度:1通貨あたり、 1日4回~8回(1時間足・1通貨ペア)
※1分足をメインにすれば、 30回以上

■サポート
インストールして使える状態になるまで責任をもってサポート?
手法に関する質問をしても受け付けてくれないのかな?笑

■ツール
気流
現在のトレンドを示す
気流が上向きなら「買い」(ロング)
気流が下向きなら「売り」(ショート)


これからトレンドが伸び続ける方向を予測
現在の変動し続ける相場の流れから、これからの未来相場がどのような方向性で動いていくのか予測


トレンド継続を邪魔する
伸び続けるトレンドを唯一、邪魔する可能性のあるもの
雲が多かったり、厚かったりした場合は、飛行(エントリー)を見合わせる

レンジ相場の時には、しっかりと上下に「雲」があり、今この瞬間が「レンジ相場」である。 という事を視覚的に確認できる

■トレードルール

1.「気流」を見てエントリー方向を確認し、
2.「風」を見てエントリ方向とトレンドが一致していることを確認、さらに、
3.「雲」を見てダマシがなさそうならエントリー。
4.「雲」を見て、エントリー後の手じまいすべき水準を確認する。



・トレード手法1 開空飛翔
トレンドフォロー
トレンド発生中の押し目買い・戻り売り
エントリー方向に雲がなく、気流の方向に矢印が出現すればエントリー。

・トレード手法2 暗雲突破
レンジブレイク
気流の方向に矢印が出現した後、直近の雲を抜けた時にエントリー。



矢印の出方を見る限り、短期足での直近安値・高値を更新した時がエントリーチャンス(気流)になるようです。最近はこの手の裁量手法が多い気がします。いわゆるブレイクアウト手法になるんですが、システム化した場合に勝ちやすいんでしょうか?

ただしブレイクアウトしたところを単純に狙い続けると恐ろしいほどに負けてしまうので、FXトレンドグライダーでは、風と雲という二つのツールでフィルタリングをしているわけですね。

インジケーターの組み合わせ自体はそんなに目新しいものではないんですが、個人的に雲の表示ロジックには非常に好感が持てます

FXトレンドグライダーの雲とは、いわゆる抵抗線(レジスタンスラインやサポートライン)になるわけですが、長さが違うんですよね各ラインが有効に機能する期間を物語っているわけです。この有効期間を視覚的にわかりやすくしてくれている点は高く評価できます。

見た感じ、かなり合理的な表示方法をしているので、FXトレンドグライダーの雲を参考にラインを引く練習をするのも良いんじゃないかな?と思います。



■FXトレンドグライダーの総評
以前にリリースされたこの商材をすごく似ているので、実績があるものを使いたいのであればそちらを使ったほうが良いです。(今のところ)値段は同じだし、サポートの方もそっちの方が充実している気がするので。

FXトレンドグライダーで注目すべきなのは、繰り返しになりますが雲の表示ロジックですね。これはかなり勉強になります。FXトレンドグライダーを参考にラインを引く練習をしていくとライントレードの感覚をつかみやすいんじゃないかと思います。

特にラインを引いた後に、いつ消せばよいのか?って言う点ですね。昔に引いたラインをだらだら残してしまうとチャートがラインだらけで逆に見づらくなってしまうので。サインの出方にはあまり新規性はなくて、従来の焼き直しな感じがしますが、雲に関しては一見の価値あり!です。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。