記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードに正解はない ゾーンを理解する

トレードを始めたばかりの人であればあるほど、「相場で勝つ方法」の意味を勘違いしている傾向があります。「勝つ=未来を予測する」みたいに考えがちだけれど、それは全くの誤解。相場を予想してトレードするのは、ギャンブルをしているのと変わりがありません。勝てるトレーダーは予測をするんじゃなくて、「こうなったら次はこんな展開になる可能性が高い。」みたいに確率的な判断をしているにすぎません。

「こういう相場状況になった時に、こんな条件がそろったら、相場は一方向に動きやすい。」という知識と言うか知恵を身に着けていくことがトレードで勝てるようになるためには必須です。トレード手法なんて言うものは結局、エントリーを判断する「条件」にすぎません。どんな状況だと勝ちやすいのか?と言う点もきちんと考慮してエントリーする・しないを判断できなければ、この先もずっと負けっぱなしを続けることになります。

FX商材を見てみると、あたかも「このノウハウさえ身に着ければ勝てる!」と言わんばかりのモノがたくさんあります。それにつられてたくさんの人がFX商材を手にしては、ちょっと試して失敗。笑 なんやかんやと言い訳を考えてはまた次の商材へ興味を奪われる。こんなことを繰り返しているわけです。たくさんのトレード手法を知ること自体は別に悪いことじゃないんだけれど、使いこなせなきゃ意味がありません。

FXで勝ちたいと思ったらまずは勝てる場面を見極める「環境認識」を身に着けることも重要だけれど、自分自身の認識も変えていかなきゃいけません。詳しくは「ゾーン」っていう本に書いてあるんだけれど、より深いレベルで環境認識ができるようになればなるほど、相場で起きることを心から受け止められるようになります。負けた時の悔しさが随分と小さくなります。「ここで負けるのはしょうがない。今回はタイミングが悪かった。」と真剣に受け止められるようになります。そして次のトレードでまたいつも通り冷静に環境認識をしていつも通りのルールでトレードできるようになります。

FXは別に勝ち続けなきゃいけないモノではありません。ギャンブルのように胴元が確実に儲けられるような世界じゃなくて、誰にとっても常に中立の世界です。あなたが勝ったということは、負けた人もいるわけです。勝ち組・負け組を分けているのは、トレード手法の良し悪しと言うよりは自分自身。自分がどんな風にチャートを見ているのか?がよっぽど大きな影響を与えています。

自分がどんな風にチャートと向き合っているのかを知るために、トレード記録を付けていくことが欠かせません。記録の中に自分の心の動きもできるだけ丁寧に書き込んでいくことで「こんな時にはこんな感情が生まれるんだ。」と自分を知ることができます。自分のことがだんだんわかるようになると、何もかもが相対的な相場という世界に自分の立ち位置をしっかりと見つけられるようになります。

そうなってくるとトレードは本当に楽になってきます。こうやればこういう結果が伴うんだ、って言うのも自然と見えてくるので、あとはそれをひたすら繰り返すだけです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。