記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black AI・ストラテジー FX(ブラスト)のインジケーター

Black AI・ストラテジー FX(ブラスト)で使用する
インジケーター類についてまとめておきます。


indicator.png




■1.AI-Analyze(エーアイ・アナライズ)

Black AI・ストラテジー FXの心臓部となる
インジケーターの一つがAI-Analyze。

マニュアルでは、
「相場の底と天井を見極めるアイテム」
となっています。

黄色と垢の2本のラインの方向や位置が揃うと、
大きなトレンドが発生する予兆となります。

赤色ライン:短期線 相場の値動きに敏感に反応する性質があります。
黄色ライン:長期線 長期足のトレンド状況を示唆してくれます。



それぞれのラインの数値を示したものが、
サブウィンドウの右端に表示されます。

赤色ラインが赤文字
黄色ラインが黄文字

天井圏は75以上
底値圏は25以下


■2.AI-Arrows(エーアイ・アローズ)

Black AI・ストラテジー FXのもう一つの
重要なインジケーターがAI-Arrowsです。

売りのシグナル・買いのシグナルを
矢印で直接知らせてくれます。


基本的に矢印サインに従うことになるものの、
ただ、マニュアルにも書かれている通り、
相場によっては矢印サインを無視します。


優先順位としては、
AI-Analyzeの方がずっと重要で、
AI-Arrowsは補完的な役割をしている、
といった感じになります。





その他、Black AI・ストラテジー FXで使われている
インジケーターも紹介していくと、





■3.AI-Time(エーアイ・タイム)

日本時間を表示してくれる、
意外と重宝するインジケーターです。

もちろん、5分足でしかキチンと機能しません。

15分足とか1時間足だと、
まるで時間が合わないので、
注意をしてくださいね。




■4.Black AI-Desk(ブラックエーアイ・デスク)



Black AI・ストラテジー FXのバージョン情報や、
現在表示している通貨ペアと時間足なんかを
教えてくれるインジケーターです。


他に表示してくれるものとして、

・現在価格(リアルタイムで変わります)
・スプレッド(変動スプレッドの場合、ちょこちょこ変わります)
・直近の相場のボラティリティ
・三大市場でのそれぞれの現在時間
 TKY Time→東京時間
 LDN Time→ロンドン時間)
 NY Time→ニューヨーク時間

夏時間・冬時間の切り替えは、
手動でやらなければいけないので、
3・4月と9・10月は要注意ですね。



■5.自動決済ボタン

僕のチャートだと、表示がなんかちょっとおかしい(?)ですが、
レンジ決済モード、トレンド決済モードの
2つの自動決済ボタンが表示されます。


■6.移動平均線

Black AI・ストラテジー FXのテンプレート
(定形チャート)をそのまま適用すると、
2本の移動平均線が表示されます。

期間の設定がどうなっているのかは、
マニュアルで解説されていますが、
移動平均線の種類まではわかりません。

ただ、調べてみたところ、おそらく、
単純移動平均線(SMA)
じゃないかと思われます。

コメント

No title

インジケーターの説明より、ロジックが知りたい!

No title

他のブログでもインジケーターの説明があり、
MAもあるようですね。

ロジックにMAはどんなふうに絡んでくるですか?

MAを使ってトレンドン判断??
矢印の出現??

Re: No title

そうですよね、、、、
ロジック解説の方はもう少し待っていてください。

ようやく自分の中でロジックを消化できはじめところなので、近日中にアップできると思います。

Re: No title

>FX子さん

インジケーターにMAが入ってるものの、
Black AI・ストラテジー FXのロジックに実は、
MAは使われていません!

追記するので、また後日、記事をご覧になっていただければと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。