記事一覧

Black AI・ストラテジー FXの実践結果(ドル円5月9日~18日)

こんにちは、さかたまです。

ドル円の直近の相場で、
Black AI・ストラテジー FXのロジックを使ってトレードしたら、
結果はどうなるのか?目視でバックテストをしてみました。

その結果がこちら。

usdjpy2017050918.png


5.3
80.4
11.2
18.1
10
5.5
-15
9
1.2
5
27.8
6.6
-10
1.2
23.7
-13.2
9
8.2
20.8
1.7
-12.7
2.3
-1.6
6.5
-11.8
18.6
-12.3
11
35


29回トレードして、
+241.5pips!



22勝7敗なので
勝率は75.8%


累積利益と累積損失から見た
リスク対リワードは、
318.1:76.6

4:1
といった感じでしょうか。


販売ページを見ると
勝率90%でリスク対リワード7:1
となっていましたので、
それに比べるとかなり成績が落ちます。汗


けれども、実際にトレードしてみて、
これだけの結果を出せるのであれば、
申し分ないんじゃないか?
という風に感じます。


もちろん、裁量を加えていますが、
Black AI・ストラテジー FXの基本ルールを
できるだけ重視してこの結果です。


30回近くトレードしてみて、
トレンドに乗れたなぁと思うトレードは2回ありました。

5月9日のしょっぱなに
トレンドに乗って80pips近く獲得できたのが、
けっこう大きい気がしますね。


バックテストをして感じたのは、
Black AI・ストラテジー FXの基本ルールを
拡大解釈するようなことをしなければ、
エントリーした直後に流れが反転するような、
下手な負け方をすることはないな、という点。


裁量判断を加えなくても、
基本ルールを忠実に守るだけでも、
収支は簡単にプラスに出来そうです。



負けトレードの大半が、
裁量判断を加えた結果だったし。笑汗




なので、Black AI・ストラテジー FXを使い始めた当初は、

・実弾でのトレードは基本ルールのみ

・デモトレードで裁量判断のトレーニング!

みたいな、王道的な実践方法が良いでしょう。



後は、矢印が出るタイミングは、
良いと言えばよいし、
良くないと言えばよくない。


この辺は、自分のトレードスタイルとの
相性にも深くかかわってくる部分。


別の記事でも書きましたが、
Black AI・ストラテジー FXでは、

・矢印を重視するか?
・AIアナライザーを重視するか?


で、かなり収益が異なってくることが予想されます。


どっちが良い悪いじゃなくて、
どっちが自分に合っているかどうか?で
考えればよいんじゃないと思います。



ちなみに、僕の今回の結果というのは、
AIアナライザーの動きを重視した結果です。





とまぁ、この記事を書いている最中にも、
随分とドル円が動いてきました。

非常に良いタイミングで矢印サインが点灯し、
AIアナライザーでもショートの条件が成立しているので、
30pips以上取れた人もいるんじゃないでしょうかw

直近の相場に関して、個人的な相場観を言わせてもらうと、
短期足ではレンジっぽい動きをする可能性が高いとみています。

4時間足ベースのサポートライン+日足のフィボナッチ61.8%ラインに
下値が支えられているように見えるのと、

15分足以下では上昇方向へダウ理論の上昇トレンドが
完成しているからです。


下落の勢いを止める割と強い条件が出ているものの、
ただ、長期的には(4時間足ベースでは)
きれいに下落トレンドが発生している場面です。

上値を確認しながらショートで取りに行くのが、
安全な相場、という気がしますね。


■ドル円4時間足
usdjpy4h20170518.png

■ドル円15分足
usdjpy15m20170518.png







コメント

No title

予想がぜんぜんはずれてんじゃねぇか。

クソだせぇwwwwwwww

Re: No title

>yosさん

別に、百発百中を狙っているわけではないので。

僕が考えていたトレードプランでは
捕まえられない値動きになっただけ、という話です。


逆に言うと、僕なんかの相場観を当てにしてトレードしていたら、
いつまでたっても自立できないっすよwwww


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。