記事一覧

Black AI・ストラテジー FXの人口知能(ai)について

Black AI・ストラテジー FXについて、
「AIって本当に機能してるの?」っていう疑問を持っている人が、
たくさんいるみたいですね。


Black AI・ストラテジー FX(ブラストFX) - 暴露板

これ本当にAI使われているんですかね?
未だにAIらしさを全く感じないんですが。


AIなのに自動売買じゃないんですね?

なんでわざわざ裁量の余地を加える必要があるんでしょうか?

意味がわかりません。

他の方も仰っているように、AIというのは嘘なのかもしれませんね。



AI要素が全く感じられず、裁量もかなり必要です。
興味本位で購入してみましたが、私は好みではありませんでした。


とても興味あるんですが、何というAIなのでしょうか。
フォワード実績もありませんし。
市販で売られるレベルのAIを信用して大丈夫か気になりますね。





Black AI・ストラテジー FXのai(人工知能)関する口コミ見ていると、
勘違いしている人がたくさんいるなぁというのが正直な感想です。


ココでは、「ai」について少々、専門的な立場から、解説していきます。


こう見えても私、大学院まで出ている情報工学の
なんちゃって専門家でもあります。

近頃話題のディープラーニングについても、
学生時代には研究テーマの一つとして取り組んでいたことがあります。


■ai(人工知能)による裁量判断でトレードするわけじゃない


ai(人工知能)とは何ぞや?というのを前持ってある程度は知っておいたほうが、
この先の話を理解しやすいと思われます。


1つ目がライトな内容、2つ目が割とディープな内容になります。

3分で分かる、ディープラーニングの仕組み

深層学習(ディープラーニング)を素人向けに解説(前編)―基礎となるニューラルネットワークについて





まず、Black AI・ストラテジー FXを含め、多くの人がイメージしているのは、
マイクロソフトが開発した人工知能「Tay(テイ)」が近いんじゃないかと思われます。


米マイクロソフトの人工知能、ツイッターで差別発言連発





テイは、ツイッターに流れる情報を人間と同じように収集して解釈し、
自分で考えた発言をしていく人工知能です。

結果的に、テイは差別発言ばかりを学んでしまい、
差別発言を連発するという事態に陥り、
停止に追い込まれたようです。笑汗


ツイッター上ではそれだけ、
差別発言が頻繁にやり取りされているってことなんでしょうね^^;



この例からわかるように、aiを理解するうえでまず1つ重要なのが、
どんなデータを使うか?(学習するか?)です。

扱うデータによって、人工知能の性能というかアウトプットの質が
大きく変わってしまいます。


その点、FXの場合で言えば、データにはもちろん
相場の値動き(4本値)を使うことになります。

データの質によってアウトプットの質が良くなったり悪くなったりする、
といったことは考えにくいものがあります。



ここまでの話をいったんまとめると、

・aiでは学習データが重要


ということになります。


で、次に重要なのが、アウトプットの質です。


アウトプットの質が良いのか悪いのかを判断するのは、
人間の役目になりますし、アウトプットの質を高めることが、
aiを使う最大の理由と言えるでしょう。


私たちによって、より良い結果を出してくれるaiじゃなければ、
わざわざ使う必要もありません。


FXで言えば、アウトプットの質と言われれば当然、
利益を出すことになります。

そこで、人工知能にデータを学習させて、
利益を出す方法を考えさせるわけですが、
Black AI・ストラテジー FXでは、ここに大きな誤解が生じています。

アウトプットの質として、

ai(人工知能)による裁量判断でトレードしてくれることを望んでいるみたいですが、
Black AI・ストラテジー FXでは、そんなことはできません。

MT4というプラットフォームに乗っかっている以上、
MT4の限界を超えることはできません。


MT4には当然、人工知能なんて搭載されていませんから、
Black AI・ストラテジー FXに人工知能が備わっているわけじゃないし、
人工知能によって、売買判断をしているわけじゃありません。


では、Black AI・ストラテジー FXの何が人工知能なの?というと、
ai(人工知能)学習によって導き出されたトレード手法です。



相場の値動きをディープラーニングさせることによって、
様々なインジケーターの組み合わせなどを検証していき、
(おそらく)最適な結果が出たものがBlack AI・ストラテジー FXで
ロジック化されていると考えられます。


つまり、Black AI・ストラテジー FXにおける人工知能とは、

相場で勝てる手法を探す人工知能

というわけです。


この記事の冒頭でも紹介をした通り、
人工知能にはデータを学習する方法(アルゴリズム)として、
様々な方法が提案されています。


畳み込みニューラルネットワーク
再帰性ニューラルネットワーク
制限付きボルツマンマシン(RBM)
ディープビリーフネット(DBN)
Stackedオートエンコーダ

といったものがあるわけですが、Black AI・ストラテジー FXではおそらく、
独自に考案したアルゴリズムによって相場の値動きを学習させ、
ロジックを導き出していると考えられます。


極端な言い方をすれば、MT4のストラテジーテスターに
毛が生えたようなものです。


本来ならば、人間の手でインジケーターを変えてみたり、
パラメーターを調節しなければいけないところを、
人工知能に肩代わりさせているだけ、と言うこともできます。



FXの場合、扱うデータは相場の値動きだけですから、
どんな人工知能を使うのか?によって、
アウトプットの質が変わることになります。



Black AI・ストラテジー FXに関して言えば、
新しい人工知能のアルゴリズムを考案することで、
また違ったロジックが生まれる可能性は十分にありますね。


もしくは、現在のアルゴリズムに改良を加えることで、
Black AI・ストラテジー FXの精度が上がる可能性もあります。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア