記事一覧

ドル円は、ショート狙いを優先的に。

おはようございます、さかたまです。


こんしゅうはなんだか、、、更新ができませんでした。汗


楽しみにしてくださっているところ、すいませんでした。
m(_ _)m

来週からは、これまで通り週2~3回は更新できると思います!


さてさて、ドル円ですが、現在の状況を分析していきたいと思います。


まずは日足です。
20100903usdd.png


今まで意識してきた転換線を一旦は上に抜けるものの、今度は基準線の影響をもろにくらって、

がつん!と下げる展開となりました。汗

下がった後は、また元の転換線の下へと戻っているので、ショートの傾向はまだまだ強いぞと思っています。


次に4時間足です。
20100903usd4.png


下値を結んだラインで青い点線のチャネルラインを引いているんですが、このラインに8/30の高値がぶつかって、下がっているのが良くわかると思います。

ココまでキレイにチャネルラインに反応して戻るのも、非常に珍しいですねw


今はというと、赤い移動平均線を終値ベースで超えることができず、このラインを上に抜けるまでは、ショート傾向が強いんじゃないかとみています。



最後に1時間足です。

20100903usd1.png

1時間足を見ると、数日前からちょっとレンジ気味の動きをしているのがわかると思います。

赤い移動平均線の流れがちょっと定まらない感じですから。



今のところの僕の戦略ですが、4時間足ではまだショートの傾向が見られるので、1時間足で、昨日の安値を下回ってきたあたりをめどに、ショートを狙いたいなと思っています。


ロングを狙いたい場面ではないのですが、ロングを狙う時には、84.67円(9/1の高値)あたりを上に抜けたあたりをめどに考えていきたいと思っています。


今日も楽しくトレードしていきましょうね☆




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア