記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円は、どうやって売るかですねw

こんにちは、坂田まです。


ドル円日足を見て、ちょっと「おぉ!?」と思いました。


その理由がこちら

20100913usdd.png


転換線に先週末の金曜日、そして本日(まだ終値が固まっていないですが。。。)がぴったりと抑えられています。


うーん、ドル円の弱さを改めて痛感してしまいました。汗



次に4時間足です。


20100913usd4.png


4時間足では、オレンジ色の○で囲んだところが、赤いチャネルラインの上限にぴったりと抑えられているのがわかります。

ということで、上値が限定されたことが分かったので、僕としては、チャネルの下限がどうなっていくのかが、気になっていましたが、、


ココも突破しそうな勢いです。汗



最後に1時間足です。


20100913usd1.png



エントリーのめどとしては、王道としては、まず先ほどの赤いチャネルラインの下限を4時間足の終値ベースで下回った時です。


ちょっとリスクを高めにエントリーを狙っていくならば、


1.チャート中の1.の急角度のラインを1時間足の終値ベースで超えてきたとき。
2.チャート中の1.の急角度のラインを4時間足の終値ベースで超えてきたとき。
3.赤いチャネルラインの下限を1時間足で下回ってきたとき
4.赤いチャネルラインの下限を4時間足で下回ってきたとき


リスクの高い順番に並べてみました。

1のもっともリスク高めエントリーで考えるならば、もうエントリー間近!という状況です。


では、チャートの方を注意深く見守ってみようと思います!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかたま

Author:さかたま
さかたまへのお問い合わせおよび要望などに関してはこちらからどうぞ。

すぐに返信できないかもしれませんが、がんばって返信します^^


2007年7月にFXをスタート。

当初は、スワップ金利を目的にはじめたものの、あるきっかけを元にデイトレ・スキャルピングトレードに転向。

最初の投下資金の90%を消失したものの、見事にカムバックしました。

たった半年間といえども、毎日12時間以上相場と向き合い、さまざまなFX関連商材に手を出し(中には数十万円のものも!)、とうとう自分の手法にたどり着くことが出来ました。

マーケットが注目するポイントを、分析できるようになりました。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。